シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

伝説のヒップホップグループ、ア・トライブ・コールド・クエストを描いた作品に俳優のマイケル・ラパポートが監督に挑戦! (トライベッカ映画祭)(1/2)

伝説のヒップホップグループ、ア・トライブ・コールド・クエストを描いた作品に俳優のマイケル・ラパポートが監督に挑戦! (トライベッカ映画祭)
(左から)ファイフ・ドーグ、マイケル・ラパポート

 1988年に結成されて高い評価を受けたアメリカの人気ヒップホップグループ、ア・トライブ・コールド・クエストを描いた映画『ビーツ ライムズ&ライフ:ザ・トラベルズ・オブ・ア・トライブ・コールド・クエスト(原題) / Beats Rhymes & Life : The Travels of a Tribe Called Quest』について、監督のマイケル・ラパポートと、ア・トライブ・コールド・クエストのメンバー、ファイフ・ドーグがトライベッカ映画祭で語った。

 同作は、ヒップホップ史上で最高のグループと評価する人も多い、“ア・トライブ・コールド・クエスト”の結成時から1998年の解散、そして再結成のツアーまでを描いたドキュメンタリー作品で、特にメンバーのQティップとファイフ・ドーグとの関係や音楽の制作過程が注目だ。

 俳優マイケル・ラパポートが、ヒップホップグループ、ア・トライブ・コールド・クエストを描いたドキュメンタリーを監督することになった経緯は「ヒップホップは僕の人生の一部なんだ。僕の父親は、ラジオ番組WKTUで働いていて、よくプロモーション用にコピーしたカセットやCDを持ち帰ってきていたんだ。だから8、9歳ぐらいから、多くのヒップホップアーティストの曲をよく聴いていたんだよ」と明かし、さらに「あるときラジオ番組でQティップが、ア・トライブ・コールド・クエストの新曲を紹介して歌ったときから、彼らの曲にずっとハマっていったんだ」と述べたマイケルは、長年ファンであったア・トライブ・コールド・クエストが、2006年に再結成したことで、彼らに迫ったドキュメンタリーを企画することになったことも語った。

 当時のア・トライブ・コールド・クエストは、他のヒップホップグループと違い、曲自体にポジティブなイメージを打ち立てていたが、ファイフやメンバーには他に影響を受けたグループがあったのだろうか。「当時の僕らは、他のヒップホップグループと違っていたから、他のヒップホップグループの曲を全く聴いてないと思われがちだが、当時知られていたKhujo(クージョ)、NWA(ニガー・ウィズ・アティテュード=アイス・キューブらがメンバーだった)、モブ・ディープなどすべてのヒップホップグループの曲を聴いていたよ。だがこの世界でやっていくには、自分たちの個性を引き出すことが重要だったから、当時僕らはそのことだけに集中していたんだ。ただ、僕らもそこまで他のヒップホップグループとかけ離れていたわけではないけど、他のヒップホップグループがみんな似ていたために、僕らが突出することになっただけだと思う」とファイフが振り返った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 9日
  5. 伝説のヒップホップグループ、ア・トライブ・コールド・クエストを描いた作品に俳優のマイケル・ラパポートが監督に挑戦! (トライベッカ映画祭)