シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

全米夏の大作シーズン開幕!浅野忠信出演の『マイティ・ソー』がナンバーワン! -5月9日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

全米夏の大作シーズン開幕!浅野忠信出演の『マイティ・ソー』がナンバーワン! -5月9日版
今週第1位に輝いた映画『マイティ・ソー』のポスター - TM & (C) 2010 Marvel (C) 2010 MVLFFLLC. All Rights Reserved.

 アメリカでは通常、5月末にあるメモリアル・デー(戦没者追悼記念日)の連休を皮切りに夏の大作シーズンが幕開けとなるのだが、今年はマーベル・コミックの大作映画『マイティー・ソー』が公開され、週末ボックスオフィスで6,572万ドル(約52億5,760万円)をたたき出し全米第1位の座に輝いた。(1ドル80円計算)

 5月6日(金)より3,955館にて全米ロードショーを開始したこの作品は、映画『ワイルド・スピードMEGA MAX』が先週打ち立てたデビュー収益記録8,620万ドル(約68億9,600万円)には及ばなかったものの、強敵の2週連続ナンバーワンは阻止することができた。

 『マイティ・ソー』は、マーベル・コミックのヒーローの中でもスパイダーマンやハルクなどに比べると少々知名度に欠けている。だが、ソーも含むマーベル・ヒーローたちが一堂に会する2012年公開予定の大作映画『ザ・アベンジャーズ(原題)/ The Avengers』の存在を観客に印象付けるという意味では、今回十分にその役割を果たしたといえる。

 同作品は2,737館という記録的な館数にて3D上映されており、60パーセントの興収が3D上映からのものであると報告されている。また、配給のパラマウント・ピクチャーズが発表した観客調査によると、作品を観に来ていた63パーセントが男性、そして72パーセントが25歳以上の観客だったという結果が発表されている。

 映画『ワイルド・スピードMEGA MAX』は、先週のトップから62.4パーセント減で今週第2位に転落し、売り上げは3,245万ドル(約25億9,600万円)。先週244館で行われていた3D上映館が今週はたったの20館と、『マイティ・ソー』に大半の3D館を持っていかれてしまったことがかなりの痛手となっている。

 ちなみに『ワイルド・スピードMEGA MAX』は、それまで2011年の興収キングだったアニメ映画『ランゴ』を追い抜き、日曜日時点では1億4,000万ドル(約112億円)という総合収益に達しており、今週は『マイティ・ソー』に一本取られたものの、最終的に国内総合収益の部分で勝つ可能性がかなり高い。

 初登場第3位は、ラブコメ映画『ジャンピング・ザ・ブルーム(原題)/Jumping the Broom』で1,522万ドル(約12億1,760万円)の成績。地味なPR作戦に加えて女優アンジェラ・バセットを除いてはほとんどが一般映画ファンには知られていない顔ぶれというキャストから見ても、デビュー週末で第3位というのはアッパレである。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 10日
  5. 全米夏の大作シーズン開幕!浅野忠信出演の『マイティ・ソー』がナンバーワン! -5月9日版