シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

被災地での映画上映、洋画・邦画60作品超える提供に東宝、東映アスミックやワーナーなど7社や映画監督が賛同!被災地巡回し感動の涙(1/2)

被災地での映画上映、洋画・邦画60作品超える提供に東宝、東映アスミックやワーナーなど7社や映画監督が賛同!被災地巡回し感動の涙
宮城県亘理町の山元町中央公民館での映画上映会 - 撮影・遠藤潔司

 東日本大震災から約2か月がたち“心の復興”が注目されているが、4月14日からボランティアで避難場所での映画上映を行っているメンバーがいる。ゴールデンウィークには宮城県亘理郡亘理町から福島県福島市まで7会場を精力的に巡り、被災地の方々との交流を深めている。

 ボランティアを行っているのは、ロッテルダム国際映画祭などで広報を努めていた経験を持つ映画会社「Loaded Films」の水野詠子さんと、ホームシアターを手掛けている株式会社バドシーン(埼玉県越谷市)の並木勇一代表をはじめとするスタッフたち。水野さんは以前から、映画祭で知り合った監督たちと、フィリピンなどの東南アジアでまだ映画を観たこともない子どもたちに優れた作品を上映するプロジェクトを企画していたという。その最中に3月11日の東日本大震災が起こった。

 水野さんは米国同時多発テロが起こったとき、開催中のトロント国際映画祭のスタッフとして対応に追われ、それでも映画祭を続けた経験を持つ。「自分が今、何ができるのか?」を考えた水野さんがたどり着いたのは、やはり映画の経験を生かしたボランティア活動だったという。その思いをツイッターでつぶやいたところ、同じ志を持った並木社長と知り合ったという。お互いの得意分野を生かし、水野さんは映画会社から上映許可を得た作品集めに奔走し、並木さんは会場の設営を担当することに。この2人の活動に賛同した企業は東宝や東映、アスミックエースやワーナーブラザースなど7社に及び、すでに映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や『ニュー・シネマ・パラダイス』など60作品を超えるという。また、宮城県気仙沼市に自宅を持つ小林政広監督や、牡鹿郡女川町に夫人の実家がある『鉄コン筋クリート』のマイケル・アリアス監督も協力を名乗り出てくれたという。上映会場は現地でボランティアを行っているNPO団体や災害ボランティアセンターの要望を受けて決めたという。

 とはいえ、最初はライフラインが復旧していない地域もある中、映画を上映することを迷惑がられないか心配だったという水野さん。しかし、宮城県仙台市若林区の六郷中学校体育館や本吉郡南三陸町の寺浜生活センターなどでは、せっかく映画の上映があるのならと、地元の露天商共同組合の方々がたこ焼きや綿あめの屋台を出し、お祭りのように盛り上げてくれたという。また福島県福島市の花村小学校で子どもたちのリクエストに応えて『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』を上映したところ、お年寄りまでもが感動の涙を流していたという。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 鎮魂の思いを歌や踊りに 2年ぶり、あす発表会 宮城 from ローカルニュースの旅 (2012年6月30日 20時45分)
    東日本大震災で昨年は中止された亘理、山元両町の民謡愛好家による年に一度の発表会が7月1日、山元町中央公民館で2年ぶりに復活する。震災の犠牲になった仲間の霊を歌と踊りで慰めようと、出演予定のメンバーは悲しみを乗り越えて練習を重ねている。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 13日
  5. 被災地での映画上映、洋画・邦画60作品超える提供に東宝、東映アスミックやワーナーなど7社や映画監督が賛同!被災地巡回し感動の涙