シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

世界各国で日活作品の特集上映が決定!1年ごしでアメリカ、ヨーロッパ、アジアで、鈴木清順や川島雄三監督『幕末太陽伝』デジタル修復版など【第64回カンヌ国際映画祭】(1/2)

世界各国で日活作品の特集上映が決定!1年ごしでアメリカ、ヨーロッパ、アジアで、鈴木清順や川島雄三監督『幕末太陽伝』デジタル修復版など
「日活100周年~世界巡回上映~」

 2012年に創立100周年を迎える日活作品を特集する「日活100周年~世界巡回上映~」が世界各国で開催されることがこのほど、第64回カンヌ国際映画祭に参加している日活から発表された。

 この特集上映は国立近代フィルムセンターと国際交流基金の協力を得て、今年10月の米国・ニューヨーク・リンカーン・センターを皮切りに、フランス・パリのシネマテーク・フランセーズ、同・ナント三大陸国際映画祭と周り、その後も約1年間かけて欧州、アジアを回る一大プロジェクト。上映作品の選定や本数は各会場に任せられているが、例えばリンカーン・センターでは、約40作品を用意。その中には、日活が100周年記念事業として取り組んでいる川島雄三監督『幕末太陽伝』(1957)のデジタル修復版や、日本でもなかなか観ることのできない1920年代の貴重な作品も含まれているという。

 日活と共に本プロジェクトをすすめてきた同センターのプログラム・ディレクター、リチャード・ペーニャ氏は「松竹は小津安二郎に代表されるような、市井の人々の生活を細かく描く作品を、一貫して製作してきたという流れがあります。それに対して日活は、時代時代で変化し、そして新しいジャンルを作っては、新たな観客を開拓してきたという面白い歴史があります。日本映画史をたどる研究には、作品や監督の研究はありますが、会社という視点のアプローチは海外では珍しいと思います」と意気込みを語る。

 今回のカンヌでの発表にはペーニャ氏をはじめ、シネマテーク・フランセーズのプログラム・ディレクター、ジャン=フランソワ・ロジェ氏と、ナント三大陸映画祭のディレクター、ジェローム・バロン氏も出席した。それぞれ日本映画にも造詣が深いとあって「好きな一本を選ぶとすれば?」と質問を投げかけると話が止まらない。ペーニャ氏が「鈴木清順監督が好きです。1996年に初めて日本へ行ったのですが、それは国際交流基金との企画で清順監督特集をするためでした。その時、たまたま上映されていた『東京流れ者』(1966年)を観に行ったら、観客が全員テーマソングを一緒に歌っていて驚きました(笑)」と言えば、バロン氏は「16歳で出会って以来、溝口健二監督が最も好きです。また1992年に神代辰巳監督特集を観て感動しました。田中登監督も好きですねぇ」と目を細める。またロジェ氏は「1929年に製作された溝口監督の『東京行進曲』が好きです。今回の作品選定で観賞したのがきっかけで、神代、曾根中生といった監督たち作品と出会うことが出来ました」と話し、彼らをしても日活の100年の歴史には海外で知られていない作品が多数あり、今回でようやく日の目を見ることになりそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 17日
  5. 世界各国で日活作品の特集上映が決定!1年ごしでアメリカ、ヨーロッパ、アジアで、鈴木清順や川島雄三監督『幕末太陽伝』デジタル修復版など