シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作が全米第1位で2011年週末成績最高収益に!ただしシリーズの成績としては下降線 -5月23日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作が全米第1位で2011年週末成績最高収益に!ただしシリーズの成績としては下降線 -5月23日版
順当な結果といえるでしょう! (映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』より) - (C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ジョニー・デップの大人気シリーズ映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』第4弾、そして今回は3D公開となった映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』が9,015万ドル(約72億1,200万円)をたたき出して今週の全米ナンバーワンに輝いた。(1ドル80円計算)

 この成績は2011年のボックスオフィスにおけるオープニングウイークエンド最高収益にあたり、歴代5月の興収記録でも第12位にランクイン。だが、近年の映画鑑賞券価格が3D上映の特別料金も含めて以前よりかなり値上がりしていることから、興収総額は観客動員総数と必ずしも直結しておらず、本作においてもそのデビュー週における観客動員数においては歴代第27位にとどまっている。

 本作は、週末初登場でランキング第1位になったとはいうものの、2006年に公開され、週末1億3,563万ドル(約108億5,040万円)の収益を記録した映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』、そして2007年、デビュー週末に1億1,473万ドル(約91億7,840万円)を記録した2007年公開の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』と比べても収益を下回っている。業界紙の中には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが下降線をたどっていると評しているものも多く、この巨大シリーズがこれからどのような方向へ舵取りをしていくかに注目が集まっている。なお、配給のディズニーが行った観客調査の結果は54パーセントが男性、そして年齢層は26歳から34歳が24パーセント、そして18歳から25歳の観客が22パーセントとなっている。

 今週の第2位は、意外なスタミナを見せた映画『ブライズメイズ(原題)/Bridesmaids』で2,088万ドル(約16億7,040万円)。20.4パーセントの収益減とはいうものの、この落下率は最近公開された同ジャンルのコメディー作品にしては上々で、2009年に全米で驚きの大ヒットを記録したコメディー映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の2週目の落下率も下回るという健闘ぶりである。

 第3位は、先週の第1位から2ランクダウンした映画『マイティ・ソー』で1,546万ドル(約12億3,680万円)の収益。アクション超大作にありがちな3週目の落下率で、先週に比べ55.5パーセント収益減となっているものの、封切り17日で1億4,540万ドル(約116億3,200万円)の総合収益を上げていることから、関係者たちはホッと一息……といったところだろうか。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 25日
  5. 『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作が全米第1位で2011年週末成績最高収益に!ただしシリーズの成績としては下降線 -5月23日版