シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

初共演の妻夫木聡&松山ケンイチ、それぞれの挫折経験をしみじみ語る

初共演の妻夫木聡&松山ケンイチ、それぞれの挫折経験をしみじみ語る
本作で初共演を果たした妻夫木聡と松山ケンイチ

 28日、映画『マイ・バック・ページ』初日舞台あいさつが新宿ピカデリーにて行われ、妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村蒼、韓英恵、山下敦弘監督が登壇した。トーク中、妻夫木と松山はこれまでの役者人生の中で乗り越えてきた挫折体験をそれぞれ振り返った。

 観終わった観客から大きな拍手で迎えられたキャストたち。理想に燃えるジャーナリスト・沢田を演じた妻夫木は、幅広い年齢層の観客が集まった会場を見渡し「うれしいです。じかにお客さんの反応を味わえるのは(この映画では)初めて」とにっこり。作品にちなみ、「これまで自分の人生を大きく左右した運命の出会い、出来事は?」と聞かれると「役者になったこと自体が一大事で、運命的な出会いです。最初はこの世界をなめていましたが、いざやってみると何も出来ず挫折した。それからがむしゃらにがんばってきたんです」と自身の役者としての道程を率直に語り、「すべては気の持ちよう。いくらでも人生を変えることができると思っている」と自身の人生訓を披露した。

 一方、左翼活動家の梅山を演じた松山は、そんな妻夫木のコメントに感化されたらしくやはり挫折しかけていた過去を告白。「16歳で上京して、20歳くらいまでバイトがメインの生活でした。そのころ自分はただのフリーターではないかと悩んでいた。でも20歳を過ぎてから、いろいろ大きな仕事が決まっていった。それは(役者を)継続していたから。継続していく人にチャンスが来るのかなと思った。先のことはわからないけど、今悔いのない選択をしていくことが重要だと思います」と語ると、温かい拍手が沸き起こっていた。

 トーク終盤には、本作の原作者・川本三郎からの手紙が読み上げられた。本作が映画化されたことへの思いのほか、「3月11日の大地震の後、日本は劇的に変わり、物事を真剣に考えるようになりました。この映画が今公開されることに運命を感じます。この映画が、国難の時代に生きるみなさんの力になれば」と東日本大震災のショックに揺れる日本人へメッセージを送った。

 映画『マイ・バック・ページ』は文筆家・川本三郎が、ジャーナリスト時代の経験を記したノンフィクションを基に、『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘監督が映像化した青春映画。海外ではベトナム戦争、国内では反戦運動や全共闘運動が激しかった1969年から1972年の時代を背景に、理想に燃える記者(妻夫木)と左翼思想の学生(松山)が出会い、奇妙なきずなで結ばれていく姿を描く。(古河優)

映画『マイ・バック・ページ』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 28日
  5. 初共演の妻夫木聡&松山ケンイチ、それぞれの挫折経験をしみじみ語る