シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大沢あかね、子煩悩パパ・劇団ひとりに「ほれ直しました!」とおのろけ!

大沢あかね、子煩悩パパ・劇団ひとりに「ほれ直しました!」とおのろけ!
子煩悩パパのひとりに「ほれなおした」と大沢あかね

 1日、都内スタジオで、人気アニメーションの劇場版最新作『うたって てあそび! アンパンマンと もりのたから』のアフレコ会見が行われ、ゲスト声優として参加するタレントの大沢あかねが出席した。

 大沢が演じるのは、劇場版映画『それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星』と同時上映される『うたって てあそび! アンパンマンと もりのたから』に登場するキャラクター・キンタン。キンタローの孫娘で明るく元気な力持ち、森の仲間の人気者でターザンのような女の子という役どころだ。

 アフレコ収録を終えた大沢は、報道陣の前に、最初こそ恥ずかしそうな表情を浮かべていたものの、「キンタンという役が元気で自分に近い役だったので、すんなりと役に入り込めました」と満足げ。自分でも「100満点でしょう」と語り、自分の演技を「ぜひ劇場で確かめていただきたいと思います」と意気込んでいた。

 ちなみに、アンパンマンのアフレコ仕事については夫の劇団ひとりからも喜ばれたとのこと。ひとりについては「優先順位がわたしよりも娘になっていて寂しいんですよ」と家庭で自分にかまってくれないとアピールするも、パパとしては「100点満点です」と大絶賛。「休みの日もいろいろとしてくれて、わたしよりオムツ替えもうまかったりします」とひとりの子煩悩ぶりも明かした。しかし、娘が先に覚えた言葉は「ママ」だそうで、「(2人で娘を呼ぶと)絶対わたしの方に来るので、わたしが寝ている間に娘を連れて行って、『こっちにくるんだよ』と練習しています」とほほ笑ましいエピソードも告白。ただ、東日本大震災が発生した時には、ひとりが「机の下に隠れろ!」と守ってくれたそうで、「頼もしいなとほれ直しました」とのろけ交じりにほほ笑んでいた。

 映画『それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星』は国民的人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版第23作目。本作ではアンパンマンが宇宙へ飛び立ち、エネルギー不足に苦しむヘンテ星の危機を救うため、冒険を繰り広げる。おなじみのキャラクター勢に加え、映画オリジナルのキャラクターとして、松雪泰子演じるおっちょこちょいの小さな宇宙人、ココリンが登場。現代社会の問題を映し出す、メッセージ性のあるストーリーにも注目だ。(取材・文:中村好伸)

映画『それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星』同時上映『うたって てあそび! アンパンマンと もりのたから』は7月2日より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 1日
  5. 大沢あかね、子煩悩パパ・劇団ひとりに「ほれ直しました!」とおのろけ!