シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

破局の麒麟・川島、新しい恋は「まったくノープラン」(1/2)

破局の麒麟・川島、新しい恋は「まったくノープラン」
新たな恋はノープラン‐麒麟・川島明

 株式会社ソフト99コーポレーションが販売するメガネ専用クリーナー「メガネのシャンプー宣伝部発足式」が22日、渋谷のヨシモト∞ホールで開催され、MCとして出席した麒麟の川島明が、新たな恋愛について「ノープランです」とコメントした。この日はほかに、宣伝部秘書として山田花子、木村明浩(バッファロー吾郎)、近藤春菜(ハリセンボン)、橋本直(銀シャリ)、ガリガリガリクソン、もりやすバンバンビガロらも来場した。

 「チャレンジ! メガネめっちゃキレイ!プロジェクト」と題して、メガネをこよなく愛する“メガネ愛芸人”たちが日本中のメガネをきれいにすべく奮闘する今回のプロジェクト。この日は、メガネのシャンプー宣伝部長のMr.オクレが、ガリガリガリクソンいわく、「ビル・ゲイツと会議がある」とのことで出席できなかったが、代わりに秘書の花子が応援ゲストとして来場。報道陣からの「(子作りのために)やることはやってるんですよね?」という非常に答えづらい呼び掛けに、「毎晩よ!」とかわしてみせるなど、人妻の余裕で幸せをアピール。普段、テレビで見る限り、あまりメガネのイメージのない花子だが、「四つくらい持っています。今掛けているのは小道具ですけど。メガネがあると、自分に鼻があるってわかりますよね」とメガネ愛をアピールしていた。また、メガネ芸人たちが言い争いを始めると、いきなり前に飛び出して「わたしを取り合わないでよ!」と何の脈略もなく叫ぶなど、人妻になっても花子節は絶好調。公私ともに充実した様子を見せていた。

 幸せそうな花子とは対照的に、独身の女芸人であるハリセンボンの春菜は「わたしの“おメガネ”にかなう男性は、この世にはなかなかいないですね。優男が多いんでね」と嘆いてみせた。ちなみにいつも細いフレームのメガネを愛用している春菜だが、「太いフレームのメガネだとわたしに見えなくなるんです。カンニングの竹山さんに見えるんですよ」と言うや、太いフレームのメガネを掛けて実演。そのあまりにもそっくりな顔に会場は大爆笑となった。

 この日のMCとして登場した川島は、先日、眞鍋かをりとの破局が報じられたばかり。報道陣から「メガネがキレイになって、新しい恋は?」という質問が飛び出すと、「まったくノープランです。後輩と遊んでいるだけですね」と返答。さらに「メガネを掛けた知的美女はどうですか?」と畳み掛けられると「春菜ちゃんのことですかね」とさらりとかわしていたが、その言葉に「そんなことを言われても……」と春菜はドキマギとした表情になった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 22日
  5. 破局の麒麟・川島、新しい恋は「まったくノープラン」