シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

織田裕二が通った『アンダルシア』のロケ地へ!タイアップツアーが発売中

織田裕二が通った『アンダルシア』のロケ地へ!タイアップツアーが発売中
スペイン! - (C) 2011 フジテレビジョン / 東宝 / 電通 / ポニーキャニオン / 日本映画衛星放送 / アイ・エヌ・ピー / FNS27社

 25日に公開された織田裕二主演の映画『アンダルシア 女神の報復』の公開を記念して、タイアップツアー「映画のロケ地を訪れる アンダルシア紀行8日間」が、エイチ・アイ・エスより発売されたことがわかった。同ツアーは、映画の舞台となったスペイン、アンダルシア州ロンダをはじめ、スペインの首都マドリード、イスラム文化が残るグラナダ、ガウディ作品が街中に多々点在するバルセロナを巡るプラン。映画の世界観だけでなく、スペインの魅力にどっぷりと浸ることができる充実の内容になっているようだ。

 本作の舞台となったアンダルシアは、青い空、白亜の家、フラメンコ、闘牛場などスペインのイメージが凝縮された州。映画の中で登場するロンダは、断崖絶壁の白い街、闘牛の発祥の地として有名な都市だ。18世紀の旧市庁舎の建物を改築し、100mを越す絶景を見下ろすヌエボ橋のたもとに立地するホテルに滞在するという今回のツアーは、撮影のため、織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、福山雅治ら豪華キャストたちが通い、映画のダイナミックな展開を盛り上げた風光明媚な街並みを体感できるのが魅力だ。

 『アンダルシア 女神の報復』は、スペイン、アンダルシア州ロンダを舞台に、谷原章介演じる日本人投資家の殺人事件をめぐって、織田裕二演じる外交官・黒田康作、黒木メイサ演じる事件の第一発見者でエリート銀行員の新藤結花、伊藤英明演じるインターポール捜査官の神足誠が頭脳線を繰り広げていくさまをサスペンスフルに描いた作品。本作とのタイアップツアーでは、ロングバケーションを取る人が増えると見込まれている今夏に対応して、延泊可能なプランで、さらにフラメンコや闘牛場のシーンのロケ地となったセビリアを含んだツアー「スペインの神髄を感じる 情熱のアンダルシア8日間」も発売されている。(編集部・島村幸恵)

映画『アンダルシア 女神の報復』は全国公開中
タイアップツアー「映画のロケ地を訪れる アンダルシア紀行8日間」税込み:26万9,000円から37万9,000円(大人お1人様、2・3名1室利用時の旅行代金)は株式会社エイチ・アイ・エス 東日本地区にて発売中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 26日
  5. 織田裕二が通った『アンダルシア』のロケ地へ!タイアップツアーが発売中