シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

リンジー・ローハン、35日間の自宅拘禁が終了 電子アンクレットも外し自由の身

リンジー・ローハン、35日間の自宅拘禁が終了 電子アンクレットも外し自由の身
ようやく自由の身っ♪ -リンジー・ローハン

 執行猶予違反の罪で自宅拘禁中だったリンジー・ローハンが、刑期満了で自由の身となった。

 アクセス・ハリウッドによると、リンジーは6月29日の午前10時前に電子アンクレットを外してもらい、10時20分ごろにはコンピューター上の記録も刑期満了と記されていたという。しかし、自由の身と言っても、外出することが可能となっただけで、刑の一部だった480時間の社会奉仕活動がまだ残っている。

 リンジーはもともと4か月の実刑判決を受けていたが、ロサンゼルスの刑務所がいっぱいなこともあり、35日間の自宅拘禁に変更。この間、電子アンクレットが作動し、警察が駆けつける事態が発生したほか、アルコール・薬物検査でアルコールが検出され、出廷する騒ぎも起こしている。また、自宅の屋上でパーティーを開いているのをメディアで報じられ、裁判官からやめるよう注意を受け、その後、よしずのようなもので屋上を囲い、外からの視線を遮断するなど、あまり反省しているという様子は見られなかった。外出できるようになったリンジーには新作映画『ゴッティ:イン・ザ・シャドー・オブ・マイ・ファーザー(原題) / Gotti: In the Shadow of My Father』の撮影が控えている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 30日
  5. リンジー・ローハン、35日間の自宅拘禁が終了 電子アンクレットも外し自由の身