シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ある意味タブー!性的な節目を迎えた女性の心を丁寧に映像化!更年期の修道女描く『不惑のアダージョ』日本公開決定!

ある意味タブー!性的な節目を迎えた女性の心を丁寧に映像化!更年期の修道女描く『不惑のアダージョ』日本公開決定!
映画『不惑のアダージョ』ポスター画像 - (C)2009 Autumn Adagio Film Committee

 更年期に思い悩む修道女の心の変化を描き、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で初上映後、ロッテルダム国際映画祭やローマ国際映画祭など数々の国際映画祭で絶賛された映画『不惑のアダージョ』が、今秋日本公開されることが決定した。

 本作は、静かで穏やかな日々を過ごすなかで40歳となり、人よりも早い更年期を迎えようとする修道女を主人公としたヒューマンドラマ。ある日、バレエ教室のピアノ伴奏を頼まれたことをきっかけとして彼女に訪れる、性や恋愛、老いに対する心身の変化と葛藤(かっとう)を描く。更年期に思い悩む一人の女性を通じて、すべての女性が迎えることになる人生の節目を、格調高くとらえた作品として注目されている。

 監督は、本作が長編映画初挑戦となった井上都紀。2008年に自身の短篇映画がゆうばり国際ファンタスティック映画祭でグランプリを受賞。その資金を基に本作を製作し、脚本・編集も務めた。本作は昨年の第39回ロッテルダム国際映画祭ではコンペティション部門となる「VPROタイガー・アワード」に選出。その後の第5回ローマ国際映画祭の上映では、客席が満席になり、拍手かっさいの大盛況になったという期待の新鋭監督だ。

 また、主人公の修道女を演じるのは、映画やテレビ番組に楽曲を提供するミュージシャンとして活動し、本作の音楽も担当する柴草玲(しばくさ れい)。劇中ではピアノやアコーディオンなどあらゆる楽器を自ら演奏している。また、本作には真矢みきの夫でドラマ「池袋ウエストゲートパーク」に出演した西島千博も参加。この作品が本職であるバレエダンサー役として、初めて出演する映像作品になり、劇中で披露するバレエは「こんなにロマンティックなバレエシーンは観たことがない」と海外でも話題になったという。

 性的な節目を迎えた女性という形で修道女を描くという、ある種タブーともいえるテーマを、晩秋の紅葉や美しい旋律の音楽と共に叙情的に映像化したという本作。誰しもの心に染みる人間ドラマとして、アラフォー世代も含めた全女性、そして男性にとっても必見の作品となりそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『不惑のアダージョ』は今秋ユーロスペースほかにて順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 4日
  5. ある意味タブー!性的な節目を迎えた女性の心を丁寧に映像化!更年期の修道女描く『不惑のアダージョ』日本公開決定!