シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

保守的なアメリカ音楽界には正気じゃないレディー・ガガの存在が必要

保守的なアメリカ音楽界には正気じゃないレディー・ガガの存在が必要
レディー・ガガ

 マドンナの音楽と比較されることの多いレディー・ガガが、マドンナだけでなく、バーブラ・ストライサンド、シェール、ブロンディなど、数々の女性アーティストを崇拝していると語った。

 「彼女たちはわたしの姉のような存在。マドンナとは強いつながりを感じるし、バーブラやシェール、ブロンディなど、わたしよりも先にこの道を歩んでいる、すべての女性アーティストとつなりを感じるわ。わたしはずっと彼女たちを崇拝してきたし、彼女たちがいなければインスピレーションを受けることもなく、今のわたしはいない。尊敬できる強い女性が何人もいることに感謝しているわ」とアドヴォケイト誌のインタビューで語った。

 ブロンディのデボラ・ハリーもガガの才能を買っており、アメリカの音楽界に新風を吹き込んでくれたとコメント。「ガガはとても才能があって、正気じゃないところがちょっとある。彼女の存在はとても励みになるわ。今のアメリカの音楽界はとても保守的で、検閲しようとする動きさえある。ガガのようなアーティストはこういう時代に必要なのよ」とデボラはコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 10日
  5. 保守的なアメリカ音楽界には正気じゃないレディー・ガガの存在が必要