シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

映画『ハリー・ポッター』最後の監督デヴィッド・イェーツを直撃!最後の最後に込めた思い語る(1/3)

映画『ハリー・ポッター』最後の監督デヴィッド・イェーツを直撃!最後の最後に込めた思い語る
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のデヴイビット・イエーツ監督

 2001年にすでに大ベストセラーとなっていたJ.K.ローリングの原作「ハリー・ポッターと賢者の石」が映画化され、劇場でも大ヒットを遂げてから約10年、数えること8作目でとうとう大団円を迎える映画『ハリー・ポッター』シリーズ。4作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 』から『ハリー・ポッターと謎のプリンス』『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』と監督し、最後に『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を見事な構成力で最終話として完成させたデヴィッド・イェーツ監督に『ハリー・ポッター』の映像の最後に込めた思いを聞いた。(なお、監督の話はストーリーのクライマックスに触れる部分もあるので、原作を読んでいない方はご了承の上お読みください)

Q:シリーズで初めての前編・後編に分かれた作品でしたが、あえて二つに分けた理由と、一つの話を二つに分けるときに意識したことはなんでしょう?

A:(デヴィッド・イェーツ)話を二つに分けるにあたって、まず気をつけないといけないと思ったのは、原作のディテールをなるべく入れていくということですね。最初に『ハリー・ポッター』を手掛けたのはクリス・コロンバスでしたが、(『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)原作からあれが抜けている、これが抜けているとファンからの意見が多くて、コロンバス監督も最後までできるだけ多くの要素を入れていたと思います。同じように今回も気をつけましたね。そうなると、とてもじゃないけど1本に収まらないので二つに分けることにしたんです。分けるにあたって、PART1とPART2は異なる体験でないといけないと思いました。今までもそうなんですね、1作目とその後に続く作品はちょっとトーンが違っていたり、監督も違うので当然そうなんですけれども、雰囲気を変えることを意識しました。1作目は非常にヨーロッパテイストなんですね。ゆったりとしていて非常にダークで不気味になっているということと、このキャラクターたちはもう魔法の世界にはいないので3人のロードムービーになっているんです。2作目ではまたホグワーツに戻るので、魔法の世界が戻ってきたという雰囲気になっています。ドラゴンが出てきたり、クモが出てきたり戦闘シーンがあったりするので非常にドラマチックなシリーズ超大作になっているといった感じです。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 映画『ハリー・ポッター』最後の監督デヴィッド・イェーツを直撃!最後の最後に込めた思い語る