シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

伊東四朗&大竹まこと、生放送全盛期のハプニングを告白!アナログ放送終了前にテレビの思い出トークを展開

伊東四朗&大竹まこと、生放送全盛期のハプニングを告白!アナログ放送終了前にテレビの思い出トークを展開
テレビトークを繰り広げた伊東四朗&大竹まこと

 14日、WOWOWで放送されるアナログ放送終了に伴う特別番組「あ・な・ろ・ぐ大会議 伊東四朗×大竹まこと GG放談」の収録現場で、伊東四朗と大竹まことがテレビにまつわる思い出を振り返った。7月23日をもってアナログ放送が終了するため、特別企画として収録された本番組。テレビ黎明期(れいめいき)である昭和の雰囲気を出すため、収録は庶民の社交場である下町、台東区の銭湯・梅の湯で行われた。

 初めて見たテレビ番組は、街頭で群集に混じって見たボクシングのタイトルマッチだったという伊東は「昭和28年かな。新宿の広場に1台テレビがあって、遠くから見ると点にしか見えないけど見ていたわけ。それが最初だね」と懐かしそうに振り返る。一方の大竹も「友達の家のテレビを玄関先からのぞき込んでいましたね。近所中で集まって」とテレビが珍しかった昭和前半らしいエピソードをそれぞれ披露した。

 その後、2人は昭和のテレビのあるあるトークを展開。チャンネルを変えるのはリモコンではなく、テレビに直接埋め込まれているダイヤルだったことに触れた大竹は「(持つところが)だんだん壊れてすべっちゃうから、ペンチでひねるんですよね」と何とも生活感のある当時のエピソードを語れば、伊東は白黒テレビの画面に張るとカラーテレビになるというアクリル板の話題を出し「あれを付ければカラーテレビになるって大騒ぎしていたね」と昭和ネタ全開で盛り上がった。また、当時のテレビ番組はほとんどが生放送だったため、ハプニングも数多くあったのだという。伊東は生放送のミステリードラマに出た際、謎解きの手掛かりとなるとある重大な行動を忘れてしまったそうで「あれほど冷や汗かいたことないね」と苦笑い。また生放送中に出演者の男性器が「ポロリ」となってしまい、スタッフたちが大騒ぎをした場面にそれぞれが居合わせたエピソードなど、爆笑トークは尽きなかった。

 収録後、伊東と共演した感想について大竹は「前から尊敬しているので、お話しさせていただくのがおこがましい。伊東さんのようになりたいね」としみじみコメント。それを聞いた伊東は「見た目ではどっちが先輩かわからないよ」とジョークを飛ばしながら、「見る方としても出る方としても、テレビにはずいぶんお世話になっている。いつまで使ってくれるかわかりませんが、笑いの仕事は忘れずにやっていきたいですね」とテレビと共に歩んできた自らの芸能生活に思いをはせていた。(肥沼和之)

WOWOW特別番組「あ・な・ろ・ぐ大会議 伊東四朗×大竹まこと GG放談」は7月23日20時から放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 15日
  5. 伊東四朗&大竹まこと、生放送全盛期のハプニングを告白!アナログ放送終了前にテレビの思い出トークを展開