シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アカデミー賞外国語映画賞の最終候補9本に選ばれた南アフリカの映画 少女がエイズの偏見に立ち向かっていく!

アカデミー賞外国語映画賞の最終候補9本に選ばれた南アフリカの映画 少女がエイズの偏見に立ち向かっていく!
オリヴァー・シュミッツ監督

 アカデミー賞外国語映画賞の南アフリカ代表としてエントリーされ、ノミネーション前の最終候補9本に選ばれた傑作『ライフ、アバブ・オール(原題) / Life, Above All』について、監督のオリヴァー・シュミッツが語った。

 同作は、南アフリカのヨハネスブルクから少し離れた村で家族と暮らす少女チャンダは、生まれたばかりの妹をインフルエンザで失う。だが、その出来事から周囲の隣人に変なうわさが流れてしまい、家族は迫害されていくというドラマ作品。子どもの視点を通して、貧困、偏見、少女売春、エイズなどがつづられていく秀作。

 制作経緯について「この映画のプロデューサーが原作を僕に送ってくれる2年前に、ドイツで原作者アラン・ストラットンに会ったんだ。彼はすでに僕の過去の作品を観ていて、是非これから共に仕事をしようと言ってくれたんだ。ただ、しばらく音沙汰がなくて、ようやく2年後にこの原作が出来上がって読むことになったんだ。原作は少女チャンダが家族を守りながら、母親の役もこなし、さらにチャンダの家族に(偏見から)敵対心を持つ村のコミュニティとも対応するということで、短期間でチャンダがまるで大人のように急成長していく過程が素晴らしいんだよ」と原作に引き込まれたことを明かした。

 原作ではチャンダは16歳の設定だが、この映画ではもっと若い12歳の設定にしたのは「おそらく南アフリカだけでなく、今日(こんにち)の15、16歳の子どもはかなり成長していて驚かされるくらいだ。事実、(この本の設定のように)16歳の少女が周りに起きている出来事を何も知らなかったら、かなりナイーブだと僕は思うんだ。だから、このキャラクター、チャンダが問題を抱えプレッシャーを感じながら、母親の役を引き継いでいくには、もっと若くなければいけないと思ったんだ」と語るオリヴァーは、全く演技経験のない現地の少女、コモツォ・マニャカを主役チャンダとしてキャスティングすることになった。

 オリヴァーとともに執筆した脚本家デニス・フーンについて「原作者のアラン・ストラットンがカナダ出身だったために、脚本家もカナダ人を探したんだ。デニスは、実際に原作者のアランとも親しい仲で、上手く引き受けてくれたよ。それにデニスは、過去に子どもを主人公にした作品を執筆したことがあって、適任だと思ったんだ。だが、最も重要になったのは、実際にデニスが僕とともに南アフリカを訪れたことだ。これは文面だけでなく、キャラクターの実際の感覚を掴むのに非常に大切だったんだよ」と語った。

 オリヴァー監督は南アフリカで育ったが、現在はドイツで仕事をしているそうだ。それは南アフリカでは、なかなか製作費が集まらず、撮影に入るまで時間がかかりすぎてしまうことに嫌気がさしたからだそうだ。それでもオリヴァー監督は、エイズというだけで偏見を持たれるこの南アフリカのある地域を見事に描ききっている。 (取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 25日
  5. アカデミー賞外国語映画賞の最終候補9本に選ばれた南アフリカの映画 少女がエイズの偏見に立ち向かっていく!