シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

米で「ザ・プレイボーイ・クラブ」放送中止に!ポルノを美化していると非難 アメリカではポルノ依存症約20万人が深刻化

米で「ザ・プレイボーイ・クラブ」放送中止に!ポルノを美化していると非難 アメリカではポルノ依存症約20万人が深刻化
60年代のプレイボーイクラブ - Ron Galella / WireImage / Getty Images

 テレビドラマ「サード・ウォッチ/NY事件ファイル」「CSI:マイアミ」のエディ・シブリアンの新ドラマが民放であるNBCで放送するのは不適切だと非難されている。

 テレビドラマ「ザ・プレイボーイ・クラブ(原題) / The Playboy Club」は1960年代シカゴのプレイボーイ・クラブを舞台にしているのだが、青少年に向き不向きなテレビ番組などをチェックしている団体“親たちのテレビ会議”が、「ポルノを美化している」と抗議したのだ。

 彼らによると、アメリカには週11時間以上ポルノを観ているポルノ依存症の人間が約20万人おり、ポルノは家族だけでなく、個人や社会コミュニティに大きなダメージを与えているという。にもかかわらず、同ドラマで、女性を食い物にし、家庭を壊すポルノ産業が洗練されたものであるかのように飾り立てるのは恥ずべき行為だと非難。NBCを信頼してきたアメリカの家庭への裏切り行為だと言っている。

 E!オンラインによると、モルモン教徒の多いユタ州では、すでに放送が中止されているとのこと。今後、親たちのテレビ会議は各エピソードを注視し、放送品位法に違反している可能性があった場合、即座に連邦通信委員会に通報すると宣言している。憤慨するほどのドラマを何エピソードもかじりついて観なければならないのもつらそうな仕事だ。(澤田理沙)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 米で「ザ・プレイボーイ・クラブ」放送中止に!ポルノを美化していると非難 アメリカではポルノ依存症約20万人が深刻化