シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

代理出産で2児の父となったイクメン高田延彦、「子育てとは親育てである」!(1/2)

代理出産で2児の父となったイクメン高田延彦、「子育てとは親育てである」!
イクメンとして子育てについて語った高田延彦

 18日、シネマート六本木で“『うさぎドロップ』みんなで男泣き!? 男性限定試写会”が行われ、リアルイクメンの高田延彦がイクメントークを繰り広げた。

 この日は「男性限定試写会」ということで、若い男性を中心とした「イクメン候補生」たちが多数来場した。この日の司会者は、高田の熱狂的な大ファンとあって「平成の格闘王! 青春のエスペランサ! わがままなひざ小僧! 高田延彦さんです!」と熱狂的な呼び込み。照れくさそうに「若い人はそんな呼び方知らないでしょ」と謙遜(けんそん)する高田ではあったが、会場は「高田と一緒に映画を観た」という高揚感に包まれており、みんなが笑顔になっていたのが印象的だった。

 2000年に子宮全摘出手術を受けた高田の妻で女優の向井亜紀が、「高田の優秀な遺伝子を残したい」との理由から代理出産という道を選択。2003年に、新薬による成果もあって高田夫妻に双子が授かったことは当時、大きな話題となった。そんな紆余(うよ)曲折を経て父親となった高田だけあって、子どもについて語る表情もどこか感慨深い様子。観客と一緒に本作を鑑賞したばかりの高田は「うちには坊主が2人いますからね。親の気持ちや無償の愛といったことがうまく表現されていて、親としてはそうだなとうなずくことばかりでした」と本作にいたく共感。祖父の葬式で出会った6歳の女の子と彼女を引き取った独身サラリーマンの奇妙な共同生活という、少し風変わりな家族のスタイルについては、「家族にはいろんなスタイルがありますからね。そのへんはうちはあまりコメントはできないけど」と自らをちゃかしてみせて、会場は笑いに包まれた。

 本トークショーでは、7歳の双子を育てる父親としての顔を見せた高田。「子育ては、正解のないものですよね。これでいいのか、子どもにつらく当たってしまっていないだろうかと日々思い悩んでいます。そういう意味で本作に描かれた香里奈さんや松山ケンイチさんの親としての思いや悩みも一緒だなと思いました。愛ある戦いというか、人生の勉強ですよね」としみじみとした表情に。そんな高田からは「子育てとは親育てである」との名言も飛び出した。

 そんな高田が子どもに抱く思いとしては「欲はない、健康で人に優しく、心の強い子でいれば、何も要らない。あとは夢中になれるものがあればいいかな。まあ、女にばっかり夢中になるんでは困るんだけどね」と笑いながらも優しい父の顔を見せる高田だった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 18日
  5. 代理出産で2児の父となったイクメン高田延彦、「子育てとは親育てである」!