シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

役所広司&原田眞人監督、興奮する樹木希林からの電話に感動!『わが母の記』モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞の喜びを語る!

役所広司&原田眞人監督、興奮する樹木希林からの電話に感動!『わが母の記』モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞の喜びを語る!
笑顔で受賞の喜びを報告した役所広司と原田眞人監督

 俳優・役所広司と原田眞人監督が、第35回モントリオール世界映画祭で、映画『わが母の記』が審査員特別グランプリを受賞したことを受けて、同作と連動するテレビドラマ「初秋」を撮影中の京都にて、受賞報告会見を行った。

 現地映画祭に参加していた息子の原田遊人から「審査員特別賞ゲット」というメールで第一報を伝えられたという原田監督は、そのときは「ピンと来なかった」と語り、同じく映画祭に参加していた樹木希林から「喜びなさいよ! 大きい賞ですよ。(紹介されたのが)最後から2番目ですよ」と電話での報告を受け、やっと受賞を実感。1番気になっていたという観客の反応について、「すばらしかった」と話す樹木の言葉に涙したことを明かした。また、初めて海外映画祭に参加したのも、原田監督の映画『KAMIKAZE TAXI』だったと感慨深げに語った役所も、受賞を伝える樹木の興奮ぶりを、「クールな方なんですけれども、このときかなりテンションが高くて、希林さんの声から現地の興奮が伝わってくるような感じがしました」と振り返った。

 『わが母の記』は、井上靖の自伝的小説「わが母の記 花の下・月の光・雪の面」を、役所広司、樹木希林、宮崎あおいのキャストを起用し、映画『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督が映画化した作品。幼少期、母親と共に暮らしてこなかった役所演じる小説家の伊上洸作が、父が亡くなったことから母・八重(樹木)の面倒をみることになり、自身の幼いころの記憶と、八重の思いに向き合うことになるというストーリー。同会見で、「早くスタッフ、キャストでトロフィーを囲んで喜びを分かち合いたいです」と語った役所は、本作について、「世界中どこの国に行っても、母親に対する思いというのは、きっと同じだろうと思います。言葉は通じなくても母親を思う気持ちと、母親と心が通じ合う喜びというのは、きっと世界的に共感していただけるところだと思っていました」とコメントした。なお、同会見では、原田監督が、本作にそのほかの海外映画祭からも招待の話が来ていることを明かしていた。(編集部・島村幸恵)

映画『わが母の記』は2012年公開予定


【関連情報】
関連作品
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 2日
  5. 役所広司&原田眞人監督、興奮する樹木希林からの電話に感動!『わが母の記』モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞の喜びを語る!