シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ブリトニー・スピアーズの曲名をめぐる盗作疑惑と名誉毀損訴訟が終結

ブリトニー・スピアーズの曲名をめぐる盗作疑惑と名誉毀損訴訟が終結
ブリトニー・スピアーズ

 今年2月、ブリトニー・スピアーズの新曲「ホールド・イット・アゲンスト・ミー / Hold It Against Me」のタイトルは自分たちの曲から抜粋したものだとカントリー・ロック歌手のベラミー・ブラザーズが主張した一件がようやく解決したようだ。

 ベラミー・ブラザーズの一人であるデヴィッド・ベラミーは「法的措置も考えている」とメディアにコメントしたが、それを聞いたブリトニーのプロデューサー、ルーカズ・ゴットウォルド(Dr.Luke)はすぐに名誉既存訴訟を起こし、損害賠償を求めたのだ。ベラミー・ブラザーズはブリトニーの曲との関連性を主張することで注目を集めようとしたと見られるが、ハリウッドの大物プロデューサーの方が一枚上手だったよう。

 TMZによると、ルーカズは、曲を共同制作したマック・マーティンと自分に対し、ベラミー・ブラザーズが正式に謝罪をすることで訴訟を取り下げることに合意したとのこと。「ベラミー・ブラザーズは、Dr.Lukeとマックス・マーティンが他人の作品を盗んだと思える内容の発言をし、ホームページに記載したことを謝罪します」との声明が出され、訴訟は取り下げられて一件落着となったようだ。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 6日
  5. ブリトニー・スピアーズの曲名をめぐる盗作疑惑と名誉毀損訴訟が終結