シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スター・ウォーズ』サウンドエディターが明かす音響制作の裏側!身分を隠して声優オーディションで合格も(1/2)

『スター・ウォーズ』サウンドエディターが明かす音響制作の裏側!身分を隠して声優オーディションで合格も
スタッフだけじゃもったいない? とってもイケメンなマシュー・ウッド - TM & (C)2011 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. Used Under Authorization. Star Wars and all characters, names and related indicia are trademarks of and (C)Lucasfilm Ltd. TWENTIETH CENTURY FOX, FOX and associated logos are trademarks of Twentieth Century Fox Film Corporation and its related entities.

 9月16日にブルーレイ版が発売される映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード1と3でサウンドエディターを務め、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場するグリーヴァス将軍の声も演じる、スカイウォーカー・サウンドのマシュー・ウッドが、自身の手掛けたサウンドや、声優抜てきの裏側を当時のエピソードと共に語った。

 ダース・ベイダーの呼吸音やR2-D2の電子音、ライトセーバーの動作音といった効果音もファンの心をとらえ続ける『スター・ウォーズ』シリーズ。マシューは、それらハリウッド大作、また押井守監督の『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など国内外問わず多くの作品の音響を手掛けるスカイウォーカー・サウンドに勤めるエンジニアで、『スター・ウォーズ』のほかにも、ピクサーの『ウォーリー』や『SUPER 8/スーパーエイト』など、多くの作品でその手腕を発揮している。

 マシューが参加し、技術が進歩した時代に製作された、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』から続く新3部作でも、ほとんどの効果音は膨大なストックの中にある動物や乗り物の出す音を重ね加工する、アナログな手法で作られた。その一例としてマシューは、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でパドメとアナキン、オビ=ワンが公開処刑されそうになるシーンに登場する昆虫型クリーチャー・ジオノージアンの声を挙げ、「やつらの声はわざわざオーストラリアまで行ってペンギンが交尾期に出す声を録音してきたんだ。そこに、オオコウモリがバナナの奪い合いをしている声をミックスさせている(笑)。想像すると面白いよね」とサウンド制作の裏側を解説。現在でも、コンピューターのみで生み出される音のほうが珍しいのだとか。

 実際、グリーヴァス将軍の特徴であるせき込みの音も、ジョージ・ルーカス監督のせきが使用されている話は、ファンの間で有名だ。そして、その将軍の声優を務めるのはマシュー本人。もとは膨大な数の声優のサンプルから適任者を探していたそうだが、どうしてもルーカス監督のイメージにぴったりはまる声が見つからなかった。そこで、マシューの友人が「この際おまえがやればいいじゃないか」とアドバイス。マシューは早速行動に移し「自分の声を録音して、正体がバレないように偽名を記してそのテープをジョージに渡したんだ。そうしたら、ジョージは僕の声を選んだんだ(笑)」といういきさつで配役されたのだという。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 9日
  5. 『スター・ウォーズ』サウンドエディターが明かす音響制作の裏側!身分を隠して声優オーディションで合格も