シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ザ・ヘルプ』4週連続首位ならず!ソダーバーグ監督最新作が初登場トップに君臨! -9月12日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『ザ・ヘルプ』4週連続首位ならず!ソダーバーグ監督最新作が初登場トップに君臨! -9月12日版
映画『コンテージョン(原題) / Contagion』のニューヨークプレミアに出席したスティーヴン・ソダーバーグ、マリオン・コティヤール、マット・デイモン - Michael Loccisano / Getty Images

 3週連続でトップを守っていた映画『ザ・ヘルプ(原題) / The Help』を首位からけ落とし、2,240万ドル(約17億9,200万円)をたたき出したスティーヴン・ソダーバーグ監督の映画『コンテージョン(原題) / Contagion』が全米ボックスオフィスのトップとなった。(1ドル80円計算)

 マット・デイモン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットというそうそうたる顔ぶれが主要キャストを占めるこの細菌パニック・サスペンスは、3,222館・推定3,900スクリーンで公開され、このままいけば1995年のダスティン・ホフマン出演の細菌パニック映画『アウトブレイク』の興収を抜きそうだが、観客動員数で比較すると最終的には『アウトブレイク』の動員数の60パーセントもいかないであろうと推定されている。

 『コンテージョン(原題) / Contagion』は予告編を観ただけではわからないが、ストーリーは極めてシリアスで問題提示色が強く、娯楽アクションを期待していくと肩透かしを食らう作品である。

 第2位は、ついに首位を譲った『ザ・ヘルプ(原題) / The Help』で893万ドル(約7億1,440万円)。4週目ともなるとこの結果はある意味当然ではあるが、落下率は38.8パーセントとこれまでで一番高い数値を示した。しかしながら今秋一番ヒットしたドラマ作品であるというのは事実で、公開から33日で総合収益は1億3,733万ドル(約109億8,640万円)を記録し、ファミリー娯楽映画『スマーフ』を抜いて2011年の公開作品中総合第14位をマークしている。

 第3位は、初登場の映画『ウォーリアー(原題) / Warrior』で524万ドル(約4億1,920万円)。マーク・ウォールバーグ主演で大ヒットを記録した映画『ザ・ファイター』に続くか……という期待がかかっていたが、やはり無名のスター主演で二番せんじ的なストーリーでは少々パンチ力が弱かったようだ。配給ライオンズ・ゲートの観客調査によると週末にこの映画を観に来ていた66パーセントが男性、そして51パーセントが25歳以上という結果が出た。

 第4位は、先週2位から後退の映画『ザ・デット(原題) / The Debt』で477万ドル(約3億8,160万円)の収益。公開12日目にして2,187万ドル(約17億4,960万円)の総合興収を上げているが、先週より51.9パーセントも落ちてしまった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 14日
  5. 『ザ・ヘルプ』4週連続首位ならず!ソダーバーグ監督最新作が初登場トップに君臨! -9月12日版