シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

具志堅用高、実在の人物演じた阿部寛を絶賛「こんなにカッコいいニイニイはいない」

具志堅用高、実在の人物演じた阿部寛を絶賛「こんなにカッコいいニイニイはいない」
軽快なやりとりを見せた具志堅用高と阿部寛

 実話を基にした映画『天国からのエール』の公開直前イベントが20日、都内で行われ、出演者の阿部寛、ミムラ、桜庭ななみ、そしてスペシャルゲストの具志堅用高が登場。具志堅は持ち前の奔放トークを展開しつつ、本作について「最後はわたしも泣きましたよ」と思わず涙したことを明かした。

 『天国からのエール』は、沖縄で小さな弁当屋を営むかたわら、夢を持つ高校生を応援するため無料の音楽スタジオを作り、ガンと闘いながら若者たちの夢を後押しした仲宗根陽さんの実話を基にした物語。映画では阿部が仲宗根さんの役を演じているが、スペシャルサポーターとして登場した具志堅は「いろんな俳優さんにお会いしたけど、その中でも一番いい男。こんなにカッコいいニイニイはいない」と手放しで絶賛。沖縄の方言にチャレンジした阿部はその完成度を心配していたが、「素晴らしかったですよ。『そうっすねー』とかよかったです」と具志堅が決めゼリフである「ちょっちゅね」を思わせる響きで答えると、阿部は「それは言ってないと思うんですけど」と笑いながらツッコミ。

 おとぼけトークで会場を和ませた具志堅だが、ラストシーンでは涙したことを語るなど映画には深く感動を覚えた様子。「阿部さんのような指導をする人や、助け合ったり協力し合う精神が沖縄にはある。わたしもそういう指導者に教えられたし、映画の中に出てくる、あいさつをする、人の痛みがわかる人間になるなどという(仲宗根さんが子どもたちに示した)約束ごとはスポーツにも必要な素晴らしいルール」と感想を語った。

 実際に仲宗根さんが暮らした土地でロケを行った本作に、阿部は「周りの人に話を聞くとみんな涙ぐんだり今も仲宗根さんが生きていて、僕も撮影を進めながら毎日少しずつ仲宗根さんになっていった。本当にまっすぐな人で人のために尽くしきった人。僕にとっても特別な作品になりました」と語り、仲宗根さんの生き方や作品のメッセージが多くの人に届いてほしいと力をこめた。(取材・文:長谷川亮)

映画『天国からのエール』は10月1日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 20日
  5. 具志堅用高、実在の人物演じた阿部寛を絶賛「こんなにカッコいいニイニイはいない」