シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

竹内結子、三谷幸喜監督は小うそつきと暴露? 三谷監督は「もっと大事なことがあるだろ!」と応戦

竹内結子、三谷幸喜監督は小うそつきと暴露? 三谷監督は「もっと大事なことがあるだろ!」と応戦
笑顔がステキな竹内結子

 21日、リッツカールトン東京にて行われた映画『ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON』の完成披露記者会見で、映画に出演した竹内結子が、メガホンを取った三谷幸喜監督の意外な一面を明かした。竹内、三谷監督のほか、深津絵里、西田敏行、阿部寛、浅野忠信、KAN、木下隆行(TKO)、中井貴一ら豪華キャストが一同に会した同会見は、終始和やかなムードで、撮影現場の温かな雰囲気が伝わってきた。

 各キャストから三谷監督への感謝の辞が次々と飛び出した同会見。そんな中、竹内は、三谷監督の印象について、「何を考えているのかわからないミステリアスな感じ」と語り、「撮影現場ではよく小うそをつかれていました」と告白。それを受けて三谷監督は、竹内に撮影現場で見つけた虫の名前を聞かれ、適当に「ゾウムシ」と答えたことを回想し、「僕からすればゾウムシだろうが何でもいいので思いついて言ってしまったのですが、もっと(現場では)大事なものがあるのではと言いたい」と反撃。さらに竹内は、わざわざその虫の名前を家に帰ってから調べていたことを明かしたが、三谷監督は「そんなもん監督の言うこと聞いておけよ!」と応戦。そんなやり取りが和気あいあいとした撮影現場の雰囲気を漂わせた。

 三谷映画初出演となった竹内は、「台本をいただいたときに、三谷作品に呼んでいただいたってことで、竹内も一人前になったかなと思いました」と感慨深くコメント。初参加だけに緊張していたそうで、「とにかく浮いちゃいけない、とにかくなじもう、その気持ちで精一杯やりました。この作品を試写で見たときは面白くて金縛りになりました」とにこやかに作品をアピールした。

 『ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON』は、『ザ・マジックアワー』の三谷幸喜監督と深津絵里が再びタッグを組み、痛快なドタバタ劇に挑戦した法廷ミステリー。ある殺人事件の弁護を依頼されたダメ弁護士が、落ち武者の幽霊を証言台に立たせようと四苦八苦する姿を描く。なお竹内は、殺害された資産家の妻とその妹という1人2役を務めている。(取材・文:中村好伸)

映画『ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON』は10月29日より全国東宝系にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 21日
  5. 竹内結子、三谷幸喜監督は小うそつきと暴露? 三谷監督は「もっと大事なことがあるだろ!」と応戦