シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ディズニー不朽の名作『ライオン・キング』3D版が17年の時を越えて再び全米トップに! -9月19日版【全米ボックスオフィス考】(1/3)

ディズニー不朽の名作『ライオン・キング』3D版が17年の時を越えて再び全米トップに! -9月19日版
いまだ人気は衰えず! -映画『ライオン・キング/ディズニー デジタル3D』より - (C) Disney

 今週全米トップに輝いた映画は、およそ17年前に初公開されたディズニー・アニメ映画『ライオン・キング』の3Dバージョンである映画『ライオン・キング/ディズニー デジタル3D』で、リバイバル映画としては1997年3月にデジタル版で再お目見えした映画『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇』以来の初登場でナンバーワンの映画となった。

 3,015万ドル(約24億1,200万円)の興収をたたき出した『ライオン・キング/ディズニー デジタル3D』は、過去9月公開された映画のデビュー週収益記録歴代ランキングで第4位につけており、2002年にIMAX版として再映された時よりも好成績で、2009年に再映されたディズニー・アニメ映画『トイ・ストーリー 3D』『トイ・ストーリー2 3D』と比べても2倍の収益を上げている。ほとんどのアニメがデジタル化されてしまったディズニーで、1994年に公開された作品の全世界興収で王座に君臨している『ライオン・キング』の人気は、17年たった今でも衰えておらず、今回の3D公開で歴代で最も売れた映画ランキングの第25位から第17位に跳ね上がり、現時点の総合収益は3億5,870万ドル(約286億9,600万円)と、この作品がこれからどこまで記録を伸ばすかに注目が集まっている。(1ドル80円計算)

 ディズニーの観客調査によると、59パーセントは25歳以下、そして56パーセントが女性客、そして全体の92パーセントが3D上映を観に来ていたという結果が出ている。

 第2位は、先週の成績から35.1パーセントの興収減となった映画『コンテージョン(原題) / Contagion』で1,455万ドル(約11億6,400万円)。公開から10日で4,430万ドル(35億4,400万円)の収益となっており、最終トータルは8,000万ドル(約64億円)前後になると予想されている。

 第3位は、今週初登場のアクション・サスペンス映画『ドライブ(原題) / Drive』で1,134万ドル(約9億720万円)。インディーズ映画の王子様(!?)ことライアン・ゴズリング主演で、第64回カンヌ国際映画祭では監督のニコラス・ウィンディング・レフンが監督賞を受賞した作品。製作スタジオ側としては、一般映画ファンからの客足を期待した映画といわれていたものの、かなりバイオレンスなシーンも多く、この種のジャンルを好む通の映画ファンにとっては渋い映画と呼ばれカッコいいという評価もあるのだが、アメリカ中西部や南部などの都会から離れた一般映画ファンからは容易に受け入れられる映画ではなく、収益につながる主流映画にはなれないという現実がある。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 21日
  5. ディズニー不朽の名作『ライオン・キング』3D版が17年の時を越えて再び全米トップに! -9月19日版