シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

お色気コメディー『やりすぎコンパニオンとアタシ物語』異色のアイドル・谷桃子が暴走?恥ずかしい役名を口にしご満悦!

お色気コメディー『やりすぎコンパニオンとアタシ物語』異色のアイドル・谷桃子が暴走?恥ずかしい役名を口にしご満悦!
左から伊藤えみ、守永真彩、丸高愛実、谷桃子

 お色気コメディ映画『やりすぎコンパニオンとアタシ物語』の公開初日舞台あいさつが24日に池袋シネマロサで行われ、撮影現場では「お笑い担当」だったという出演者の谷桃子がこの日も強烈なキャラクターを発揮し、共に登壇した守永真彩、丸高愛実、伊藤えみ、山本清史監督らをも巻き込んで会場を谷ワールド一色に染め上げた。

 谷は登壇してマイクを取るなり、さわやかな笑顔で少々恥ずかしい役名を口にし、いきなり会場を大爆笑させる。続いて谷は、この役柄をめぐって何とも恥ずかしいエピソードを披露。撮影に入る前、事務所スタッフに間違えて教えられたためさらに恥ずかしい名前で役名を記憶していたそうで、「最初に皆で顔合わせをしたときに、一人ずつ自己紹介をしたのですが、『ええーっ!!』っていう空気になりました。でも、頭の中ではそういう名前になっていたんです」とノリノリで明かした。

 さらに共演者からも谷にまつわるエピソードが披露される。本作は「アゴなしゲンとオレ物語」などの平本アキラによる過激な原作で知られるが、伊藤はオファーを受けたときのことを振り返り「あらすじを最初にいただいたのですが、内容が過激だったので、どうやってやんわり断ろうか……ってマネージャーと相談しました」とした後、「資料に谷さんの名前があって、『谷さんはどうやって断るのかな』と思っていたら、快諾だったと聞きました(笑)。じゃあわたしも……と受けさせてもらったのですが、結果的にすごくよかったです!」と出演の裏話を明かす。怖いもの知らず? の谷に後押しされた形だったが、今では本作に出演したことをよろこんでいる様子だった。

 『やりすぎコンパニオンとアタシ物語』は2007~2008年にかけてヤングマガジンに連載された同名人気コミックの映画化。温泉街でコンパニオンとして働くやりす(守永)としづか(丸高)が、はびこる悪を退治していく様をお色気たっぷりに描くアクション・コメディー。(肥沼和之)

映画『やりすぎコンパニオンとアタシ物語』は池袋シネマロサにて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 25日
  5. お色気コメディー『やりすぎコンパニオンとアタシ物語』異色のアイドル・谷桃子が暴走?恥ずかしい役名を口にしご満悦!