シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

東国原英夫氏、ノムさんの俳優としての才能を「存在感が違います」と絶賛!

東国原英夫氏、ノムさんの俳優としての才能を「存在感が違います」と絶賛!
韓流ブームに関して自ら「失言」!? 野村克也氏の俳優としての存在感を称賛の東国原英夫氏

 映画専門チャンネル「スター・チャンネル」が、10月1日より「ハイビジョン3ch 映画専門チャンネル」として新たなチャンネルを開局することを記念し、26日に都内で発表会見が行われ、開局記念番組「映画のミカタ」に出演する前宮崎県知事の東国原英夫氏が「政治家は映画をもっと観るべき。そうすれば失言もなくなる」と政界に苦言を呈した直後、自ら「失言」をしてしまい身を縮める場面があった。また関根勤、栗山千明と共に出席した元プロ野球監督の野村克也氏が、かつて映画俳優を夢見ていたことを告白し、東国原の仲介によって北野映画に出演? する可能性も浮上した。

 宮崎県知事時代の4年間は、多忙のあまりたった2本しか映画を観られなかったことを明かした東国原氏は、「映画やドラマを観ないと、心が殺伐(さつばつ)として潤いがなくなる。政治家はもっと観るべき。そうすれば失言もなくなるんじゃないですか」と政界にチクリと一言。だがその後の話題で、自身は恋愛映画が苦手だと話した後に、「(韓国ドラマの)『冬のソナタ』のどこがいいんだろうって思いますね」と、世の韓流ファンを敵に回しそうな「失言」を行い、「怒られるかもしれませんね」と戦々恐々としていた。

 そして、少年時代に映画俳優にあこがれていたと告白したのは野村氏で、「家が半端じゃなく貧しかったので、金持ちになるには映画俳優かなと思っていました」と意外な事実を明かした。実際にはプロ野球選手、そしてプロ野球監督として名声を得た野村氏だが、あるとき俳優の仲代達矢から「惜しかったですねー。もし俳優になっていたら(『生きる』の主演などを務めた名優の)志村喬さんみたいになっていたでしょうね」と言われたことを明かし「あのときは気分よかったね」と好々爺(や)の笑顔を浮かべていた。今後は仮にオファーがあったとしても、「いやいや、考えたこともないです」と俳優業への進出は否定した野村氏だったが、東国原氏は「存在感が違うので、(スクリーンの中に)いらっしゃるだけでいいですよね」と、北野監督に推薦する可能性がなくもない? ことをにおわせていた。

 10月1日より開局する「スター・チャンネル BSハイビジョン3チャンネル」では、ハリウッド映画を中心とした往年の名作から最新作までを、3チャンネル編成で放映。名作やヒット作を中心に放映する「メガヒット・チャンネル」、さまざまな切り口で特集企画を放映する「映画特集チャンネル」、そして「日本語吹替え映画専門チャンネル」とチャンネルごとに異なる視点で映画を楽しむことができる。(肥沼和之)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 26日
  5. 東国原英夫氏、ノムさんの俳優としての才能を「存在感が違います」と絶賛!