シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

満島ひかりが生まれ変わる!?「すべてを捨てないと本当の自分が見えてこない」永瀬正敏が渾身の激写!

満島ひかりが生まれ変わる!?「すべてを捨てないと本当の自分が見えてこない」永瀬正敏が渾身の激写!
永瀬正敏が撮り下ろした満島ひかり メイキングより - (C) masatoshinagase

 女優の満島ひかりが、映画『スマグラー おまえの未来を運べ』で共演する永瀬正敏が撮影した写真で、新境地を見せている。本写真はファッション誌「装苑」と同映画のコラボレーション企画から生まれたもので、永瀬自身がコンセプトと撮影を手掛けた渾身(こんしん)の作品だ。

 現在NHKで放送中の連続テレビ小説「おひさま」での好演も印象的な満島ひかり。10月公開の妻夫木聡主演映画『スマグラー おまえの未来を運べ』では、裏社会に身を置くミステリアスな人妻を熱演している。同作で共演し、カメラマンや映像作家として幅広い活躍を見せている永瀬が、「装苑」とのコラボ企画で満島を撮り下ろした。永瀬自ら立案した作品のコンセプトは「全てを捨てさらないと本当の自分が見えてこない」というまるで生まれ変わりをイメージさせるような神髄に迫ったもの。満島が劇中で演じている田沼ちはるのセリフ「わたしの居場所を作るにはまだまだ、捨て足りないのかもな」などの言葉をポイントに撮影イメージを膨らませたという。

 公開されたメイキング写真に写る満島は、どこかフェアリーな要素も兼ね備えているが、たくさんの紐状の布に拘束されているようにも見て取れ、まさに何かを脱ぎ捨て羽ばたくことを求めているかのようなイメージ。ハイファッションモード誌「装苑」との共作ということもあり、満島はドレッシーな衣装に身を包んでいる。永瀬は「緊張感のある現場で、へアメイクと衣装を整えて(満島が)セットインしたときから、空間がガラッと変わったので、これはいける! と思った」と撮影を振り返り、手ごたえをのぞかせた。ドラマや映画などで見せる満島の魅力とはまた違った一面を垣間見ることのできる本コラボ作品。出演者同士が被写体とカメラマンに分かれて生まれた独自の作品で、満島は新境地を切り開いた。

 『スマグラー おまえの未来を運べ』は、人気漫画「闇金ウシジマくん」で小学館漫画賞を受賞した真鍋昌平の初期の名作「スマグラー」を映画化したもの。妻夫木演じる主人公で役者の夢に挫折したフリーター砧涼介が、ひょんなことから抱えてしまった借金返済のために足を踏み入れた裏社会での壮絶な経験から再生へと向かう姿を、スタイリッシュなアクションを多彩に取り入れ描いたエンターテインメントドラマ。メガホンを取ったのは映画『鮫肌男と桃尻女』の石井克人監督。伝説の殺し屋・背骨を演じる安藤政信や、ゴスロリファッションが奇抜な便利屋社長役の松雪泰子、そのほか我修院達也や高嶋政宏の怪演ぶりも見どころだ。(編集部・小松芙未)

「装苑」は9月28日発売
映画『スマグラー おまえの未来を運べ』は10月22日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 26日
  5. 満島ひかりが生まれ変わる!?「すべてを捨てないと本当の自分が見えてこない」永瀬正敏が渾身の激写!