シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

驚き!ブラピの新作を食って3D版『ライオン・キング』が2週連続全米ナンバーワン!! -9月26日版【全米ボックスオフィス考】(1/3)

驚き!ブラピの新作を食って3D版『ライオン・キング』が2週連続全米ナンバーワン!! -9月26日版
不朽の名作の力は本物だった! -映画『ライオン・キング/ディズニー デジタル3D』より - (C) Disney

 実話を基にしたブラッド・ピット主演で話題の新作映画『マネーボール』をもろともせず、ディズニー名作アニメ映画『ライオン・キング/ディズニー デジタル3D』が2,193万ドル(17億5,440万円)をたたき出して、2週連続の全米ボックスオフィスの王となった。(1ドル80円計算)

 トップ5の中で4作品が新作という今週末のランキングにおいて、3D版での公開とはいえ、リバイバル作品であるこのアニメ映画が見せた2週連続トップを維持したパワーは、特筆に価する。公開10日目にして6,148万ドル(約49億1,840万円)、そして1994年のオリジナル版の興収も合わせると3億9,000万ドル(約312億円)という驚異の数字をはじき出している。本来なら2週間限定公開ということだったのだが、これだけ稼ぎ続けている映画を予定通りに打ち切る理由は皆無で、このまま公開が延長されるかもしれない。

 第2位は、前述の『マネーボール』で、1,950万ドル(約15億6,000万円)。封切り初日の9月23日の時点ではトップだったたのだが、土日に入って家族連れが繰り出してきたところで順位が逆転してしまった。関係者にとっては映画『ライオン・キング/ディズニー デジタル3D』に破れて首位を取れず悔しいところだが、大リーグのオークランド・アスレチックスの実話を基にしたこの野球ドラマは、歴代のベースボール映画の興収ランキングでトップに君臨するトム・ハンクス出演の映画『プリティ・リーグ』や、第2位の映画『オールド・ルーキー』がマークした封切り週末の成績を上回っていることから、決して悪い結果ではない。

 配給が発表した観客調査によると、週末に『マネーボール』を観に来ていた人たちの51パーセントが男性客、そして64パーセントが35歳以上の観客だったという結果が出ており、全米の映画ファンサイトでの評判も上々の85点前後という結果となっている。

 第3位も、トップ同様ファミリー向け映画『ドルフィン・テール(原題) / Dolphin Tale』で1,915万ドル(約15億3,200万円)。この作品もイルカと少年が主人公の感動的な実話を基にした元気の出る映画系で、アメリカで映画の観客調査を行っている某サイトによると、週末にこの映画を観に来ていた人たちが観終わった後に出した評価はA+と最高点を記録しており、この先どれだけトップ5にとどまれるかに興味が集まっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ライオンキング」が興行収入ナンバーワンに from 最近気になるニュース 面接ネタ倉庫 (2011年9月28日 11時5分)
    17年前に初公開され、当時の全米トップに輝いたディズニーの アニメ映画「ライオンキング」が、3Dバージョンでリバイバル として登場し、ふたたび全米ナンバーワンの興行収入を収め ました。リバイバル映画としては『スター・ウォーズ/ジェダイ の復讐 特別篇』以来の快挙… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ライオンキング」が興行収入ナンバーワンに from ニュースな日記 (2011年9月28日 0時26分)
    7年前に初公開され、当時の全米トップに輝いたディズニーの アニメ映画「ライオンキング」が、3Dバージョンでリバイバル として登場し、ふたたび全米ナンバーワンの興行収入を収め ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 27日
  5. 驚き!ブラピの新作を食って3D版『ライオン・キング』が2週連続全米ナンバーワン!! -9月26日版