シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『DEATH NOTE デスノート』金子修介監督の新作『メサイア』で好演!いつも笑顔のお調子者キャラ・イケメン荒井敦史は恋の思い出がトラウマ!?

『DEATH NOTE デスノート』金子修介監督の新作『メサイア』で好演!いつも笑顔のお調子者キャラ・イケメン荒井敦史は恋の思い出がトラウマ!?
オマセな幼稚園児だった荒井くん! - (c)シネマトゥデイ/高野広美

 映画『メサイア』に出演している荒井敦史に直撃インタビューし、作品やプライベートについて語ってもらった。

 『DEATH NOTE デスノート』などのヒットメーカー、金子修介が監督を務める『メサイア』は、国のためには己の命も顧みない若きスパイたちの活躍を描く青春アクション。荒井演じる主人公のスパイ・海棠鋭利が全寮制の高校に潜入し、極秘任務を遂行していく。前作『ポールダンシングボーイ☆ず』に続いて金子監督作品に出演することになったばかりか、今回は主演の大役を務めることになった荒井は相当なプレッシャーを感じたそうで、「台本を受け取ったら最初に僕の名前があって……。すごく焦って不安になったんですけど、期待していただいているのだから頑張らなきゃなと自分に言い聞かせました」と振り返る。

 劇中では当初の不安を感じさせない熱演を披露しているが、作品の持ち味でもある迫力のアクションシーンには少々てこずったようで、「撮影前に一番不安だったのがアクションのシーン」とレッスン初日はなかなかコツをつかめなかったこと明かした。撮影が始まってからは金子監督やアクション監督の小原剛から「もう少しできるんじゃない?」と高いレベルの動きを要求されたらしく、「監督とアクションの先生が敵に見えました(笑)」と告白。しかしながら、「とにかく初めての経験で、殴ったりけったりをきちんと見せるのは大変でしたけど、やっていくうちに頑張れたかなと思います」と語る通り、入魂のアクションシーンに仕上がった。

 若手俳優集団「D2」のメンバーとして活躍し、人気急上昇中の荒井だが、女性からはムードメーカーだと思われることが多く、恋愛対象には見られないのが悩みだそう。しかも、実は幼いころの恋の思い出がトラウマになっているとのことで、「幼稚園のとき、担任の先生が好きだった時期があって、率先して甘えたりしていたんですけど、先生はあっさり結婚しました。フラれたというより、裏切られた思いでしたね(笑)。結婚式に呼ばれて、ウエディングドレス姿の先生に向かってシャボン玉を吹いたのを覚えています」と少々恨み節まじりに苦い思い出を激白。とは言え、こんなかわいらしいトラウマを抱えた荒井に心ときめく女性は多いはずだ。

 映画『メサイア』では、そんな荒井の格好いいアクションはもちろん、キュートな友情ドラマも堪能できる。彼の魅力を知るのに最適の一作だ。(取材・文:渡邉ひかる)

映画『メサイア』は10月15日よりシネマサンシャイン池袋ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 13日
  5. 『DEATH NOTE デスノート』金子修介監督の新作『メサイア』で好演!いつも笑顔のお調子者キャラ・イケメン荒井敦史は恋の思い出がトラウマ!?