シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

萬田久子、不倫の恋に「愛してはいけない人を愛するのはエネルギーがいる」

萬田久子、不倫の恋に「愛してはいけない人を愛するのはエネルギーがいる」
「愛してはいけない人を愛するのはエネルギーがいる」と語る萬田久子

 8日、映画『夜明けの街で』初日舞台あいさつが、角川シネマ新宿で行われ、深田恭子、岸谷五朗、中村雅俊、萬田久子、若松節朗監督が登壇。不倫の恋に落ちる女性を演じた深田は「不自由恋愛を理解するのは難しかった」と発言する一方、萬田は「愛してはいけない人を愛するのはエネルギーがいる」と女性の視点で“不倫”について語った。

 ミステリー作家・東野圭吾がつづった「不倫」がテーマの原作を映画化した本作。そこには不倫をする側、される側など、男女が抱くさまざまな感情が渦巻いているが「不自由恋愛をしている(深田が演じた)秋葉には、女性のわたしからすると、なかなか理解できない部分が多かったので、現場ではワンシーンずつ監督に演出してもらいました」と深田は撮影当時の苦労を振り返る。一方、劇中、ミステリアスな役柄を演じている萬田は「愛してはいけない人を愛してしまうと、その愛を貫くためには強い心が必要なので、エネルギーがいります」とコメントし、深田と見つめあうシーンも。

 また二人の女性の間で揺れ動く男を演じた岸谷は「普通のラブストーリーなら、愛することにどっぷりつかれるのですが、今回は愛人と奥さんを天秤にかけなくてはいけない役だったので、とても辛かったですね」と苦い表情を見せる。そんな岸谷や中村の男性陣に「目の前に美しい女性が現れたどうしますか?」と質問が飛ぶと、お互い顔を見合わせて困り顔。しどろもどろになりながらも、そのシーンを想像する二人に、深田は「楽しそうですね」とチクリ。一方の萬田は「お二人ともすてきな男性ですからね」と意味深な発言で会場を笑わせた。

 最後にヒット祈願を込めて、観客と共に劇中で登場するカクテルで乾杯。「舞台あいさつだけを聞くと、暗い映画だと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。軽快なラブ&サスペンスですので、ぜひお楽しみください」と若松監督が作品をアピールしていた。

 本作は、東野圭吾の同名小説を、映画『沈まぬ太陽』の若松節朗監督で映画化。大手建設会社のサラリーマン渡部和也(岸谷五朗)は妻と娘に囲まれ幸せな人生を送っていたが、ある日、派遣社員として会社に入社してきた仲西秋葉(深田恭子)と深い関係になってしまう。いけないことだと分かっていながら、秋葉の奥に潜む心の闇に引き込まれ逢瀬を続ける和也。そして秋葉は、15年間抱えていた衝撃の真実を告白する…。過去のある女と、不倫を忌み嫌っていた男の禁断愛。推理作家・東野圭吾の持つ深い心理描写が丁寧に映像化され、感情移入しやすい作品になっている。(磯部正和)

映画『夜明けの街で』は角川シネマ有楽町ほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 8日
  5. 萬田久子、不倫の恋に「愛してはいけない人を愛するのはエネルギーがいる」