シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

史上最年少の単独初ライブも決定したまえだまえだ、鉄道トークでもファンの心をがっちりつかむ

史上最年少の単独初ライブも決定したまえだまえだ、鉄道トークでもファンの心をがっちりつかむ
まえだまえだの二人(背の高い方がお兄ちゃんの航基で右が弟の旺志郎)

 是枝裕和監督の映画『奇跡』のDVD&ブルーレイ発売を記念したトークイベントが、開催中の鉄道フェスティバルで8日に行われ、主演の漫才コンビまえだまえだの前田航基(12歳)と前田旺志郎(10歳)が玄人はだしの鉄道トークを展開した。

 映画『奇跡』は「九州新幹線の一番列車ががすれ違うとき奇跡が起きて願いが叶う」といううわさを信じ、両親の離婚で福岡と鹿児島に分かれて暮らす兄弟が、友人たちを連れ旅に出る感動の物語。先月行われた第59回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門で、優秀脚本賞を受賞している。

 大物俳優たちが居並ぶ本作で主演に抜てきを受けた2人だが、「難しいとかはなくて、食べ物は美味しいし毎日ディズニーランドみたいですごく楽しかった」(航基・旺志郎)と大物ぶりを披露。撮影中は野外シーンでも常に晴天となる“奇跡”が起きたというが、「鉄道フェスティバル」初日のこの日も快晴に恵まれ、2人はオープニングセレモニーにも登場するなど大活躍だった。

 トークイベントでも「800系つばめの屋根に乗ったことがあるのが一番の思い出」「雷鳥のNゲージを持っている」(航基)と鉄道知識に疎い記者を置き去りにしたが、会場の鉄道ファンたちの気持ちはがっちりつかみ、続いて「雷鳥の解体イベントにも呼んでもらったんです」と話すと、会場から羨望のため息とまなざしが向けられていた。

 大好きだという鉄道トークをたっぷり楽しんだ2人は、「それぞれの立場や年齢で見方が変わってくる深い映画で、1本持っていても損のないDVDだと思うのでぜひ観てください」(航基)、「旺志郎がたくさん出てるので、航基が出てるところは早送りして、旺志郎が出てるところを観てください(笑)」と、それぞれ主演作の魅力をアピール。11月19日には新宿角座で史上最年少の単独初ライブも決定し勢いに乗る2人は、『奇跡』に続く映画出演にも「またぜひやりたいです」と意欲を見せていた。(取材・文:長谷川亮)

映画『奇跡』は11月9日にDVD&ブルーレイ発売


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 8日
  5. 史上最年少の単独初ライブも決定したまえだまえだ、鉄道トークでもファンの心をがっちりつかむ