シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

今年のコンペティション審査委員は個性派ぞろい!中国で最も美しい50人に選ばれたファン・ビンビンも気合十分!【第24回東京国際映画祭】

今年のコンペティション審査委員は個性派ぞろい!中国で最も美しい50人に選ばれたファン・ビンビンも気合十分!
レイコ・クルック、キース・カサンダー、エドワード・R・プレスマン、ファン・ビンビン、小林政広

 23日、六本木ヒルズをメイン会場に開催中の第24回東京国際映画祭コンペティション審査委員公式記者会見が六本木ヒルズのムービーカフェで行われ、審査委員長のエドワード・R・プレスマンら5人の審査委員がこれからの審査における意気込みを語った。

 今年のコンペティション部門は、マイケル・ウィンターボトムやロドリゴ・ガルシア、セドリック・カーンなど、世界的に名前の知られている名監督の新作から、これから名前が知られていくであろう若き監督たちの作品まで、世界76か国・地域から975作品の応募の中から選ばれた幅広い15本がそろった。審査委員長は映画『ウォール街』『サンキュー・スモーキング』『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』『地獄の逃避行』など、幅広い作品をプロデュースするエドワード・R・プレスマン。そしてピーター・グリーナウェイ監督と共に映画『コックと泥棒、その妻と愛人』『ベイビー・オブ・マコン』といった問題作を発表し続けてきた、映画プロデューサーのキース・カサンダー。ヴェルナー・ヘルツォークやアルノー・デプレシャンなどとコラボレーションをしてきた特殊メーキャップアーティストのレイコ・クルック。映画『愛の予感』『春との旅』で知られる映画監督の小林政広。さらにサントリーのウーロン茶のCMなどに出演し、かつて「中国で最も美しい50人」のトップに選ばれたこともある女優のファン・ビンビンという個性的な5人。

 プレスマン審査委員長は「審査員を代表して、映画祭に招かれたことを感謝します。今日、スタートを切りました。まだ2作品しか観ていませんが、これからどれだけ上質な作品が観られるのか期待しております」と期待を込めた。さらにファンは「わたしも2作品だけを観ましたが、レベルの高さにとても驚き、映画のパワーを感じました。今回の映画祭のキャッチコピーは『信じよう。映画の力。』となっています。わたしも映画の力を感じたいと思っています」と気合十分。

 さらに審査のために映画を観るポイントとして、ファンが「わたしはテクニックが無かったとしても、心に感動を伝える映画なら成功だと思います」と切り出すと、カサンダーが「わたしはライティング、キャスティング、音楽とテクニカルなことを重視します。たとえば中世の映画を観たとしたら、ヘアスタイルが駄目だったら、この映画は駄目だと感じます。ただ、自分の中でエモーショナルになるのが、音楽ですね」とグリーナウェイ映画のプロデューサーらしいコメント。さらにクルックが「わたしはアカデミックな見方はできませんが、ものを作るときに頼りにしたこと、つまり自分の感性で観ようと思います。現場で凝視した目を、今度はスクリーンを凝視することで一生懸命やっていきたいと思います」と決意を語ると、小林監督が「ある人から教わったことなんですが、映画は理屈で観るのではなく、五感を全開にして感じるものだと教わりました。そのように五感を全開にして、映画を観ていきたいと思います」とコメント。そんな個性的な彼らが選ぶ作品はどの作品になるのか、最高賞にあたる東京サクラグランプリ受賞作品が選ばれるのは、クロージングセレモニーが行われる30日だ。(取材・文:壬生智裕)

第24回東京国際映画祭は10月30日まで六本木ヒルズをメイン会場に都内の各劇場などで開催中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 23日
  5. 今年のコンペティション審査委員は個性派ぞろい!中国で最も美しい50人に選ばれたファン・ビンビンも気合十分!