シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

草刈民代と役所広司が『Shall We ダンス?』以来16年ぶりに再タッグ!周防正行監督の最新作で朔立木原作の医療ドラマが映画化!(1/3)

草刈民代と役所広司が『Shall We ダンス?』以来16年ぶりに再タッグ!周防正行監督の最新作で朔立木原作の医療ドラマが映画化!
草刈民代と役所広司が『Shall We ダンス?』以来16年ぶりに再タッグ

 周防正行監督の最新作(タイトル未定)で、映画賞を総ナメにした映画『Shall We ダンス?』の草刈民代と役所広司が16年ぶりに再タッグを組むことがわかった。朔立木の「命の終わりを決めるとき」に収録されている小説「終の信託」を映画化するもので、草刈は呼吸器科の女医役で、役所は重症の喘息患者役。夫である周防監督から直々に出演依頼を受けた草刈は「また私、役所さんの先生役なのね(笑)」とつぶやき、『Shall We ダンス?』の社交ダンス講師に続く“先生“役に深い縁を実感しているようだ。

 独自の視点でオリジナル作品を創り上げてきた周防監督にとって本作は、コミックを映画化した『ファンシイダンス』(1989公開)以来となる原作モノへの挑戦となる。「終の信託」は、信頼関係を築いてきた重症患者・江木泰三から延命治療を望まないという“最後の願い“を託された女医・折井彩乃が、皮肉にも刑事事件に問われることになることになる人間ドラマだ。現役弁護士の朔ならではの、司法と情の狭間で揺れ動く終末期医療に問題提起した野心作だ。周防監督は日本の司法システムに切り込んだ『それでもボクはやってない』(2007公開)の取材過程で朔と出会って交流が始まり、この原作と出会ったという。

 周防監督は「『それでもボクはやってない』の企画を立てていた頃に朔さんが書かれた『死亡推定時刻』を読みまして、殺人事件を通して法廷をきちんと描いていて面白かった。あるプロデューサーは“こっちを映画化した方がいいんじゃないんですか?“と言ったほど。でもその時すでにフジテレビでドラマ化が決まっていたんです。その後に朔さんと司法の勉強会で偶然ご一緒して、送って来てくださったのがこの小説だったんです。『それでもボクはやってない』は刑事事件のシステムについての映画で“世の中の人にこの現実を知ってほしい!“という思いで作ったけど、『終の信託』は医者と患者の関係、家族の事、そして人を愛するという事など、当事者たちの思いがきめ細かく描かれていた。そして、人が人を裁くことの不可能性を突きつけられているような気がして、改めて「人を裁くこと」について考えたいと思ったんです。圧倒的な現実を前に迷う人間の弱さも描かれていて、それが大人の鑑賞に耐える、良い映画になるのではないかと。最終的には、愛する人の延命治療をどこまで続けるのか。その引き裂かれ方が、まさにラブストーリーそのものかなと思いました」と原作に惹かれた理由を語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 25日
  5. 草刈民代と役所広司が『Shall We ダンス?』以来16年ぶりに再タッグ!周防正行監督の最新作で朔立木原作の医療ドラマが映画化!