シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アメリカドラマ史上類を観ない秀作!J・J・エイブラムスが仕掛けるパラレルワールドに話題集中!!(1/2)

アメリカドラマ史上類を観ない秀作!J・J・エイブラムスが仕掛けるパラレルワールドに話題集中!!
「向こう側」と「こちら側」、二つの世界が交錯する先読み不可能な展開にクギ付けになること必至! - (C)2011 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 製作を手掛ける映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の公開が控えるヒットメーカー、J・J・エイブラムスが、映画『スター・トレック』でも組んだアレックス・カーツマン、ロベルト・オーチーらと2008年に立ち上げたドラマシリーズ「FRINGE/フリンジ」がいよいよ、サード・シーズンを迎え、さらなる話題を呼んでいる。FBIのオリビア・ダナム捜査官と天才科学者ウォルター・ビショップ、その息子ピーターが、奇怪な現象=世界規模の人体実験の謎に挑むSFスリラーとしてスタートし、アメリカでは現在シーズン4が放送中の人気シリーズだ。日本では11月2日よりにサード・シーズンのDVDがリリースされるが、このサード・シーズンが過去2シーズンに比べて格段の密度の濃さで、「無駄なエピソードは1話もない」と言い切れるほどの素晴らしい出来映えなのだ! エイブラムス自身が「ここにきて進むべき方向性が見えた」と明言しているように、「FRINGE/フリンジ」の世界観が確立されて熟した種が開花し、まったく新たな展開を見せている。

 ファースト・シーズンの最終話で現実世界と平行するパラレルワールドが描かれ、セカンド・シーズンではウォルターのある行為によって、向こう側の世界=通称フリンジワールドが崩壊に向かっている現状が明らかになった。サード・シーズンでは、こちら側と遺伝子のレベルではほぼ同じであるもう一人の自分が存在する、あちら側の世界のエピソードが交互に描かれ、交錯していく。少しややこしいが、オリビアと向こう側のオリビア(通称ボリビア)、ウォルターと向こう側のウォルター(通称ウォルターネイト)は、遺伝子レベルは同じでも、個性や歩んできた人生はまったく異なる。この複雑極まりない設定に説得力を持たせているのは、演じるアナ・トーヴ、ジョン・ノーブルらキャストが従来のキャラクターと、別人格を演じ分ける力量があってこそだろう。また、同じシーンで同じ役者が演じる2人のキャラクターが存在するという設定は、撮影に通常の倍の手間と時間、高度な技術を要する。ここまで手の込んだ試みは、アメリカドラマ史上でも類を見ない画期的なものだ。

 サード・シーズンはどれも必見エピソードだが、特筆すべきは約16分間のアニメーションを含む実験的な第19話「LSD」。ウィリアム・ベル役のレナード・ニモイがアニメーションで登場するユニークな設定もさることながら、このエピソードのコンセプトは『インセプション』を彷佛(ほうふつ)させるものであり、リアルかつシュールなアニメーションは、イスラエル(とフランス、ドイツ、アメリカとの合作)の秀作『戦場でワルツを』に色濃く影響を受けている。この凝った作りは映画ファンも必見で、より深く理解したい人は、ぜひDVD特典の「スタッフによる音声解説」を聞いてみてほしい。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 1日
  5. アメリカドラマ史上類を観ない秀作!J・J・エイブラムスが仕掛けるパラレルワールドに話題集中!!