シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ファミリー・アニメ映画『長ぐつをはいたネコ』が余裕で2週連続ナンバーワン! -11月7日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ファミリー・アニメ映画『長ぐつをはいたネコ』が余裕で2週連続ナンバーワン! -11月7日版
「なあ猫ちゃん、3パーセントの下落率は、本当にすごいんだぜ!」 -日本では3月17日に公開される映画『長ぐつをはいたネコ』の“キャット・プレミア”にて、猫にしゃべりかける、声を担当したアントニオ・バンデラス - PUSS IN BOOTS (R) and (C) 2011 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

 先週と比較してたったの3パーセント収益減という絶好調なドリームワークス製作のファミリー・アニメ映画『長ぐつをはいたネコ』が、3,305万ドル(約26億4,400万円)をたたき出して2週連続で全米映画第1位に輝いた。(1ドル80円計算)

 ちなみに前週と比較して3パーセントという降下率は、歴代ボックスオフィスの記録を見ても祝祭日以外の大型封切り作品においては歴代最低のパーセンテージで、まさに快挙である。これは同作品が封切られた先週末がハロウィーンだったことや東海岸での悪天候の影響で映画館への客足が少なかったことから、そのぶん今週末に客足が伸びたと解釈することもできるが、『長ぐつをはいたネコ』に対する映画批評サイトの平均評価がA- とすこぶるいいことからこの結果につながったとも考えられる。

 今週初登場第2位でデビューしたのは、コメディー映画『タワー・ハイスト(原題) / Tower Heist』で2,403万ドル(約19億2,240万円)。「お笑いキングのエディ・マーフィ帰還!」「今年最高のコメディー!」などと銘打たれ、ベン・スティラーと共演で華々しく封切られた映画だったが、結果はご覧の通り。3,367館で上映されたにもかかわらずこの興収というのが痛い。エディは先日、来年のアカデミー賞授賞式の栄えある司会者という大役を任されたばかり。この映画の売れ行きが彼の司会者としての評価に影響するというものでもないが、エディの客寄せパワーは全盛期時代よりも下だという事実が改めて露見した形となった。視聴率が命のアカデミー賞の次期司会者にとって、決してプラスとはいえないであろう。

 ちなみに、配給会社ユニバーサル・ピクチャーズの観客調査によると、週末にこの映画を観に来ていた56パーセントが女性客、そして62パーセントが30歳以上の観客であったことが発表されている。

 初登場でトップを逃した今週2本目の作品は、第3位のコメディー映画『ア・ベリー・ハロルド&クマー 3Dクリスマス(原題) / A Very Harold & Kumar 3D Christmas』で1,295万ドル(約10億3,600万円)。2,875館で公開されたシリーズ3作目は、前作『ハロルド&クマー・エスケープ・フロム・グアンタナモ・ベイ(原題) / Harold and Kumar Escape from Guantanamo Bay』のデビュー週末収益1,491万ドル(約11億9,280万円)に劣っている。しかし、3D映画の観点から見てみると全体収益の何と95パーセントが2,550スクリーンの3D上映からによるもので、これはつい先日3Dで再公開されたディズニー・アニメ映画『ライオンキング/ディズニーデジタル3D』の3D収益92パーセントを上回るもので、非常に興味深い。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 9日
  5. ファミリー・アニメ映画『長ぐつをはいたネコ』が余裕で2週連続ナンバーワン! -11月7日版