シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

キマグレンも女性の力強さに脱帽…… 東日本大震災のとき、女性たちは何を思ったのか追うドキュメンタリー上映(1/2)

キマグレンも女性の力強さに脱帽…… 東日本大震災のとき、女性たちは何を思ったのか追うドキュメンタリー上映
女性たちの強さに脱帽!のキマグレン(KUREI、ISEKI)と我謝京子監督(中央)

 21日、ユナイテッド・シネマ豊洲で映画『311:ここに生きる』特別試写会が行われ、本作の主題歌を担当するキマグレン(ISEKI、KUREI)と我謝京子監督が出席した。

 本作は、東日本大震災の被災地の女性たちを追ったドキュメンタリー作品。今年10月の第24回東京国際女性映画祭で本作のワールドプレミア上映が行われて以来、今回が2度目の上映となる。「女性の元気を応援する」がモットーのCS女性エンターテインメントチャンネルLaLa TVでは、この震災が女性たちから何を奪い去ったのか、そして彼女たちは何を礎(いしずえ)に再び歩き出そうとしたのか、という命題を元に、女性の視点からドキュメンタリー映画を制作。アメリカのロイター社でテレビレポーター&プロデューサーとして活躍する我謝監督が被災地の女性たちに密着し、完成させた。

 現在ニューヨーク在住の我謝監督は、「一瞬にして生活が一変した」2001年の911を体験。東日本大震災当時は沖縄に居たというが、ニューヨークの娘のためにアメリカの自宅に戻ったという。「母として帰ろうと思ったのですが、記者としてはなぜ日本に留まらなかったのかと後悔しました」と当時を振り返る監督は、「映像作家として、離れた国からいったい何ができるだろうと思いましたが、そんなときにLaLa TVの方から連絡をいただきました」と本作を制作した理由を明かす。我謝監督は、かつて阪神淡路大震災の復興取材を担当していたといい、「今、映画を作ってみると、神戸、911の体験があって、そして今回と全部つながっているんじゃないかと思いました」としみじみした表情で語った。

 本作では気仙沼、南三陸町、石巻、相馬、福島、郡山、仙台、陸前高田、釜石、そして東京に住む女性たちに取材。10代から80代までその年齢は幅広いが、それぞれが震災、津波、そして原発事故に向き合い、「日本人が変わって、仲間意識が生まれた」「何か人の役にたてるようなことをしたい」「これは運命。恨みに思っていない」など、彼女たち自身の言葉で311を振り返る。我謝監督は、本作を作る際に決めたことが2つあるという。1つは地震で揺れるテレビ局で、「かがめ!」とディレクターに指示されながら、それでも必死にレポートをしようとする女性の姿をオープニングで映すこと。その映像を観たキマグレンのKUREIは「女性って強いですよね。必死にレポートしようとする姿がものすごく印象に残りました」と感心することしきり。さらにISEKIは、劇中「男の人には悪いけど、国も社会も作るのは女なんです。女が元気だと国が栄えるから、女が元気なら大丈夫! 男は弱いから守ってやんなきゃなんないのよ!」と力強く語る女性が印象的だったようで、「本当にカッコいいし、すばらしいですよね」と女性のパワーに脱帽しているようだった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 21日
  5. キマグレンも女性の力強さに脱帽…… 東日本大震災のとき、女性たちは何を思ったのか追うドキュメンタリー上映