シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

岡田将生、サプライズプレゼントに感動!榮倉奈々も思わずもらい泣きした豪快過ぎる泣きっぷり!

岡田将生、サプライズプレゼントに感動!榮倉奈々も思わずもらい泣きした豪快過ぎる泣きっぷり!
サプライズプレゼントに感極まって大号泣! 岡田将生

 19日、映画『アントキノイノチ』の公開初日舞台あいさつが丸の内ピカデリー1で行われ、主演の岡田将生がサプライズで瀬々敬久監督から手紙&榮倉奈々、原田泰造ら共演者から花束のプレゼントを受け取り、感極まって大号泣する場面が見られた。

 岡田は登場するなり「元気ですかー!」と本作のタイトルによく似たプロレスラーのモノマネをしてみせるなど、いきなりハイテンション。作品の中で全裸シーンを披露していることから、「岡田君の中で一番好きなのはお尻です」と監督にイジられ、「ちょっと待ってよ、おかしいでしょ」とノリノリで突っ込んでみせるなど、終始会場を盛り上げていた。

 ところで今月10日に行われた本作の公開記念ラブレターツリー設置セレモニーでは、岡田からサプライズでプレゼントを贈られた榮倉が、感極まって涙を流す場面が見られた。今回はそのお返しとばかりに、岡田以外の4人からのプレゼントがサプライズで贈られることが急きょ発表される。まずは監督が手紙を取りだし「撮影や宣伝で一年近く映画に関わってくれたと思いますが、とりあえず今日で終わりです、長い間お疲れ様でした」と読み始めると、岡田は早くも涙目に。「岡田君はどちらかというと天然でボケキャラですが、撮影中は本当に助けてもらいました。撮影中に(東日本)震災が起きて大変だった現場でも、岡田君の笑顔と子どものような会話でみんなの気持ちがどんなに和んだことかわかりません」と読み進められると、岡田はこぼれる涙を拭おうともせず大号泣してしまう。気が付けば手紙を読む監督も、それを見守る榮倉も涙を流しており、まさにステージは感動の涙に包まれたのだった。

 さらに共演者から一人ずつ花束を受け取った岡田は「今日は初日なのに、みんな素っ気ないなーって思ってたんです。話しかけてくれないし、監督は目も合わせてくれないと思っていたら……こういうことだったんですね」と泣き笑いの表情で声を絞り出し、うれしすぎるサプライズに感動がいつまでも収まらない様子だった。

 映画『アントキノイノチ』は歌手さだまさしによる小説を、映画『ヘヴンズ ストーリー』が第61回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞などを受賞した瀬々敬久監督が映画化。複雑な過去を持ち心を閉ざした若者が、遺品整理業という仕事を通じて再生していく姿を描く。第35回モントリオール世界映画祭ではイノベーションアワードに輝いた。(肥沼和之)

映画『アントキノイノチ』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 19日
  5. 岡田将生、サプライズプレゼントに感動!榮倉奈々も思わずもらい泣きした豪快過ぎる泣きっぷり!