シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャスティン・ビーバーの隠し子騒動に決着?20歳の女性が告訴を取り下げる!

ジャスティン・ビーバーの隠し子騒動に決着?20歳の女性が告訴を取り下げる!
騒ぎが落ち着いて一安心?のジャスティン・ビーバー

 4か月になる子どもの父親がジャスティン・ビーバーであるとして、ジャスティンに認知を求めていた20歳のマリア・イエーターが訴えを取り下げた。

 すでに誕生している子どもの父親がジャスティンであると主張していたマリアは、ジャスティンに認知を求め、ジャスティン側はDNA検査に同意。だが、逆にジャスティン側の弁護士がマリアを名誉毀損で訴える準備をしていることを明らかにすると、マリア側の弁護士は、これ以上の弁護はできないとを弁護を辞退していた。

 今回の訴え取り下げにこのことが関係しているかは今のところ不明ではあるものの、隠し子騒動が沈静化したのは事実。ジャスティンは隠し子騒動については弁護団に一任しているとコメントしており、マリア側が話し合いを求めた際も「僕は時間を無駄にしたくないんだ」と一蹴(いっしゅう)していた。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 16日
  5. ジャスティン・ビーバーの隠し子騒動に決着?20歳の女性が告訴を取り下げる!