シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

永作博美、小西真奈美、井上真央、光石研たちが、映画ファンが選ぶ「第3回TAMA映画賞」を受賞!!(1/2)

永作博美、小西真奈美、井上真央、光石研たちが、映画ファンが選ぶ「第3回TAMA映画賞」を受賞!!
「出産直後で休もうかまよっていた……」と永作博美

 26日、多摩市のパルテノン多摩をメイン会場に市内各所で行われている映画祭「第21回TAMA CINEMA FORUM」内で「第3回TAMA映画賞授賞式」が行われ、光石研、永作博美、小西真奈美ら受賞者が喜びのコメントを発した。

 多摩市制20周年を機に誕生した市民映画祭「TAMA CINEMA FORUM」も、今年で早くも21回目を迎え、観客動員数、上映数ともに国内地域映画祭としては最大級の規模の映画祭として認知されてきている。そんな本映画祭が選ぶ「TAMA映画賞」は、映画ファンの立場から、観客に活力を与えてくれるいきのいい作品、監督、俳優たちをいち早く紹介したいとの思いで立ち上がった賞となっているのが特色で、「映画ファン」の立場から映画人たちに改めて感謝の意を表したいという意図で行われている。

 『ヒミズ』で第68回ベネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞したした染谷と二階堂は別々の作品で最優秀新進男優賞、最優秀新進女優賞を受賞した。染谷は「以前にこの映画祭で、TAMA NEW WAVEという自主映画部門で賞をいただいたのが、役者として初めてもらった賞でした。商業映画をやるようになって、こちらでこのような賞をいただけてうれしく思います」と喜びのコメント。一方の二階堂は「国内で賞をいたくだくのは初めてなので、すごく緊張しています。こんな賞をいただいて、これからも自分らしく頑張っていこうと思います」と語り、「来年は受験なので、一日一日を大切に過ごせたらいいなと思います」と現役女子高生らしい決意を語った。

 また最優秀男優賞を受賞したのは光石研。今年は33年ぶりとなる主演作『あぜ道のダンディ』が公開されるなど、注目を集めた年となったが、本人はいたって謙虚なもので、「とにかくスケジュールさえ合えば何でもやらせてもらいます。今年は50歳になりましたけども、いつまでも映画の現場にたずさわれるよう頑張っていきたい」と改めて決意を感じている様子。また、『八日目の蝉』で共演した井上と永作もダブル受賞。井上は地方ロケのため、授賞式には参加できなかったが、「壁の高い難しい役でしたが、挑戦してよかったと思います。今後は恐れることなく大胆になって、壁にぶち当たりながら挑戦したい。また『八日目の蝉』のような素晴らしい役、作品に出会えるよう精進していきます」とビデオメッセージを寄せた。一方の永作は「(撮影時期は出産直後で)休もうと思っていた時期だったので、出演するかすごく悩みましたが、(今では)避けずにやってよかったなと心から思っています。こういう賞をいただくことで、作品を豊かにしてもらったような気がします」と感謝の念を述べた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 26日
  5. 永作博美、小西真奈美、井上真央、光石研たちが、映画ファンが選ぶ「第3回TAMA映画賞」を受賞!!