シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

深田恭子、瑛太・椎名桔平・丸山隆平らワイルドな共演者にうっとり!?「女のわたしでもときめいたりワクワクできる映画になっています」

深田恭子、瑛太・椎名桔平・丸山隆平らワイルドな共演者にうっとり!?「女のわたしでもときめいたりワクワクできる映画になっています」
バイクにまたがって登場した瑛太と椎名桔平

 28日、アクション映画『ワイルド7』のジャパンプレミアがTOKYO DOME CITY HALLで行われ、瑛太、椎名桔平、丸山隆平ら主要キャストがバイクにまたがってワイルドに登場するという華麗な演出で幕開けた。唯一の女性登壇者となった深田恭子が、イケメンぞろいの共演者たちについて「この中で一番ワイルドな男性は?」と尋ねられ、困った様子を見せるなど、作中では見られない光景に観客は大盛り上がりだった。

 ジャパンプレミア開始を告げるサイレンが鳴り響くと、まずワイルド7のメンバーである平山祐介と松本実がマシンガンを手に登場。観客の上方へ威嚇(いかく)射撃を行った平山と松本が次にマシンガンでスクリーンを穴だらけにすると、スクリーンが徐々に上がっていき、バイクにまたがった瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山、松本の「ワイルド7」が勢ぞろい。司会者によって真っ赤なドレスに身を包んだ深田恭子、そして羽住英一郎監督も呼び込まれ、豪華出演陣が一堂に会した。

 最初にマイクを取った瑛太は「震災が起きて撮影をどうするかという話になったとき、プロデューサーから日本中を勇気づけるためにも、(作品で)日本中を元気にしようと言われて、それを肝に銘じてここまで来ました」と感慨深い様子で裏話を披露。撮影に関しては、「美男美女に囲まれて本当に楽しかった」とほほ笑みを浮かべながら振り返った。

 この日は監督も含め、8人の男性の中に1人の女性という構図になった深田は、「この中で一番ワイルドな男性は?」という司会者からの質問にやや困った様子を見せながらも「見終わったらどの方もワイルドだなと思いました」と回答。さらに本作については「アクション映画やカーアクションは男の人のためにあるものと思っていましたが、女のわたしでもときめいたりワクワクできる映画になっています。見終わったらワイルド7のファンになっちゃうと思います」と女性も楽しめる作品であるとアピールしていた。

 本作は1969年から1979年まで「週刊少年キング」で連載され、テレビドラマ化された望月三起也の同名漫画の映画化作品。警視庁によって犯罪者から結成された超法規的警察組織「ワイルド7」による“ワルが悪を裁く”活躍を描いている。(取材・文:長谷川亮)

映画『ワイルド7』は12月21日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 28日
  5. 深田恭子、瑛太・椎名桔平・丸山隆平らワイルドな共演者にうっとり!?「女のわたしでもときめいたりワクワクできる映画になっています」