シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

肺炎治療中のジョージ・マイケル 声帯を痛めた可能性も

肺炎治療中のジョージ・マイケル 声帯を痛めた可能性も
今後の歌手活動はどうなってしまうのか……?-ジョージ・マイケル

 先週、肺炎のためオーストリアの病院に入院したジョージ・マイケルだが、治療により声帯を痛めた可能性があるという。

 「最悪の場合、人工呼吸器を使ったことで声帯を痛めた可能性もあります。数か月の休養は必要でしょう。声帯にとても近いところに圧力がかかるため、どれだけ長く呼吸器を装着しているかにもよりますが、彼の歌唱力に大きな影響を与えたことも考えられます」と耳鼻咽喉科医ゲリット・ウォルト氏はショッキングなコメントをしている。

 ジョージの体調を心配した家族はオーストリアの病院に駆けつけたとのこと。「家族全員が付き添っています。ジョージはみんなから大切に思われており、非常にラッキーな人です」と関係者は英デイリー・メール紙に語っている。

 ジョージは「シンフォニア」のコンサートツアー中に体調を崩し、ウィーン公演の2時間前にコンサートをキャンセル。ツアーの残り14公演もキャンセルされている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 1日
  5. 肺炎治療中のジョージ・マイケル 声帯を痛めた可能性も