シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

青木崇高、感極まって涙!!「どんな状況にあっても生きていく精神力は、何よりも尊い」

青木崇高、感極まって涙!!「どんな状況にあっても生きていく精神力は、何よりも尊い」
演じた人物への思い入れから、その目に涙があふれた青木崇高

 8日、渋谷のNHK放送センターで土曜ドラマスペシャル「真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~」記者会見が行われ、酒巻和男少尉役の青木崇高が感無量のあまり、涙ぐむ一幕があった。この日はほかに、岩佐直治大尉役の平岳大、そして制作統括を務めるNHK名古屋の土屋勝裕、さらに演出の松浦善之助も出席した。

 本作は、今からちょうど70年前の12月8日、日本の真珠湾攻撃が始まったそのときに、仲間と一緒に死を覚悟して戦場に向かったものの、捕虜第一号として生き残ってしまった実在の人物・酒巻和男少尉の生きざま描くドラマ。彼が、自らの運命に向かい合いながら、いかにして生きていくのか、という姿を描き出している。戦死した仲間たちは軍神としてあがめられ、ただ一人生き残った酒巻少尉の苦悩を演じた青木。彼にとって本ドラマは思い入れの強い役となったようで、会見に登場するやいなや、うつむいてしまい、肩を震わせていた。やがて気持ちを落ち着かせ、顔を上げるものの、その目からは大粒の涙が止まらない。「改めて酒巻さんに感謝したいです。どんな状況にあっても生きていこうとする精神力は、生きていく力において何よりも尊いものだと思います。このような作品に携われて本当によかったです」と振り絞るようにコメントをした。その姿を観た平も「我々が生きている時代の平和は、いろいろな人の犠牲の上で成り立っているのだということを教えていただいた作品。こんな素晴らしい作品に出させてもらえて、感謝しています」とこちらも感無量の表情であった。

 本作の企画の背景について「311を目の当たりにしたことが、太平洋戦争を考えるうえで、やはり思うところがありました。日本人にとっての死生観を描きたいと思ったときに、それを一番体現できる、酒巻さんという存在を知ることができました。真珠湾攻撃から70年たった年に、311が起きたということは、(このドラマを)正面から描くきっかけになりました」と今年起きた東日本大震災がきっかけとしてあることを、演出の松浦は明かす。

 今年の上半期にニューヨークに留学をしていたという青木は、そこで東日本大震災のことを知ったという。「日本がとんでもないことになっているとネットのニュースで見て、そんな中でアメリカにいることに違和感や罪悪感を感じた。そのとき、日本は自分の祖国だと思ったし、何があっても帰るのはこの国だと思った。このドラマとリンクさせる気はないですが、酒巻さんが捕虜になって、いつ帰れるかわからない、遠い祖国を思う気持ちはもしかしたら、何か自分の中から出たかもしれません」とコメント。そんな青木が演じる酒巻少尉の「生きる力」は観る者の胸に強く迫る熱演となっているので注目だ。(取材・文:壬生智裕)

土曜ドラマスペシャル「真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~」は12月10日21時より、NHK総合にて放送予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 8日
  5. 青木崇高、感極まって涙!!「どんな状況にあっても生きていく精神力は、何よりも尊い」