シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

満島ひかり、NHKドラマで戦後の日本を生き抜くヒロインを熱演!「こんなことが実際にあったなんて知らなかった」

満島ひかり、NHKドラマで戦後の日本を生き抜くヒロインを熱演!「こんなことが実際にあったなんて知らなかった」
作品への思いを語った満島ひかり

 16日、女優の満島ひかりが、主演を務めたNHKのドキュメンタリードラマ「開拓者たち」の完成試写会に出席し、戦後の日本で新たな農地開拓に挑む人々を描く本作を「当時の実際の映像や写真なども使われていて、今までに観たことがないような、とてもいいドラマになっていると思います」とアピールした。また、現在ドラマに映画にと引っ張りだこになっている満島は、「最近は、今作のようなシリアスな作品への出演が多いのでは?」と指摘されると「明るい作品も好きだけど、たとえお芝居だとしても本物の気持ちを感じたいという思いが最近強い。できるだけ生の感情を持ってお芝居に取り組みたいという気持ちからそういう作品選びになっているのかも」と女優として、作品を選択する際の思いを明かした。

 本作は、戦前に旧満州(中国東北地方)へ渡り、過酷な逃避行と避難生活を体験した末に帰国し、戦後の日本で新たな農地の開拓にたくましく挑んだ日本人たちを描く壮大な物語。満島は宮城県の寒村に育った4人姉弟の長女・ハツを演じ、後に夫となる速男を新井浩文が、弟の史郎を石田卓也、同じく弟の金次を綾野剛、妹の富枝を山下リオが演じている。

 満島は、最初に台本を読んだときの印象について「こんなことが実際にあったなんて知らなかったし、すごい話だなと思いました。セリフの一つ一つにウソがなくて、すっと入ってくるものがありました」とコメント。そして「撮影前に、実際にこの時代を経験した方から話を聞いたり、農耕の練習をしたりしました。わたしたちがフィクションでやっても伝わらないのではと不安になることもあったけど、経験者の方は『僕たちの経験なんて、(話しても)わかるわけがない。でもこうして話を聞いて、作品を作ろうとしてくれる気持ちだけでうれしい』と言ってくださった。わたしが話を聞いて感じたことを、少しでも当時の人たちの気持ちを、すくって映し出すことができたらと思っていました」と作品に込めた思いを真摯(しんし)な表情で語った。

 また、印象的なシーンを問われると「産婆として、出産の手助けをするシーンと、子どもをおぶりながら水の中を移動する逃避行のシーン」と答えた後、「あと、撮影で泊まった中国のホテルの水が茶色でした(笑)」と付け加えてちゃめっ気たっぷりにほほ笑んでいた。(古河優)

ドキュメンタリードラマ「開拓者たち」は1月1日から1月22日までNHK BSプレミアムにて毎週日曜放送予定(全4回)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 16日
  5. 満島ひかり、NHKドラマで戦後の日本を生き抜くヒロインを熱演!「こんなことが実際にあったなんて知らなかった」