シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ウディ・アレン、最大のヒット作がついに日本公開!ゴールデン・グローブ賞4部門ノミネートの『ミッドナイト・イン・パリ』

ウディ・アレン、最大のヒット作がついに日本公開!ゴールデン・グローブ賞4部門ノミネートの『ミッドナイト・イン・パリ』
ウディ・アレン監督の魅力がたっぷり! - 『ミッドナイト・イン・パリ』 - Photo by Roger Arpajou (C) 2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

 先日発表されたゴールデン・グローブ賞にノミネートされたウディ・アレン監督の最新作『ミッドナイト・イン・パリ(原題)』が2012年初夏に日本公開されることが決定した。パリを舞台に時を超えたロマンスが展開される、アレン監督にしか撮り得ない作品だ。

 本作は、婚約者と共にパリを訪れた作家志望のアメリカ人が、文化・芸術の中心だった1920年代のパリにタイムスリップし、サロンに集うアーネスト・ヘミングウェイ、スコット・フィッツジェラルド、パブロ・ピカソといった芸術家と出会うさまを描いたロマンチック・コメディー。ウイットに富んだ言い回しや皮肉たっぷりのジョークが横溢(おういつ)するアレン監督の作品と芸術家の取り合わせは最高で、登場する芸術家は実在の人物でありながら、まるでこの作品のために創造されたかのようにしっくりくる。パリを愛するアレン監督が、その魅力を余すところなく描き、キャリア最大のヒットを記録した作品だ。

 出演者は、ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされたオーウェン・ウィルソンをはじめ、キャシー・ベイツ、レイチェル・マクアダムス、エイドリアン・ブロディといった名優がずらり。とりわけ印象的なのは、主人公の心を奪う、モディリアーニの元恋人であり、ピカソの愛人でもある女性を演じたマリオン・コティヤール。芸術家のイマジネーションの源泉となるミューズとしての役割を作中で好演しており、その妖艶(ようえん)な魅力には主人公のみならず、観客もイチコロとなること間違いなしだ。

 実際の出来事や人物をベースにしつつも、そこにタイムスリップという要素を紛れこませ、マジカルでファンタジックなストーリーにしたことが評価されたのか、先日発表されたゴールデン・グローブ賞では、最優秀映画作品賞(ミュージカル・コメディー部門)、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、そして最優秀主演男優賞(ミュージカル・コメディー部門)の4部門でノミネート。アレン監督のキャリアの中で最大のヒットを記録していることはもちろん、賞レースでもがぜん注目され始めている。日本での公開は来年初夏ということでまだ半年ほど先のことになるが、カンヌ国際映画祭でのプレミア上映から好評を博していた本作だけに、その日本公開を待ち望んでいたファンは多い。また本作の公開決定と併せて、同じくアレン監督による、2010年全米公開の映画『ユー・ウィル・ミート・ア・トール・ダーク・ストレンジャー(原題)/You Will Meet a Tall Dark Stranger』の日本公開も、来年秋に決定。アレン監督の新作が年に2本も観られる日が来るとは、長年のファンには感慨深いものがあるに違いない。(編集部・福田麗)

映画『ミッドナイト・イン・パリ(原題)』は2012年初夏、新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 16日
  5. ウディ・アレン、最大のヒット作がついに日本公開!ゴールデン・グローブ賞4部門ノミネートの『ミッドナイト・イン・パリ』