シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ワイルド7』初日を迎えた瑛太、トイレのおばさんから自信もらった!?深田恭子はアクション映画に開眼!

『ワイルド7』初日を迎えた瑛太、トイレのおばさんから自信もらった!?深田恭子はアクション映画に開眼!
初日舞台あいさつに登壇した瑛太、椎名桔平、深田恭子

 21日、映画『ワイルド7』初日舞台あいさつが丸の内ルーブルにて行われ、瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、深田恭子、中井貴一、羽住英一郎監督、原作者の望月三起也が登壇し、映画を観終えたばかりの観客から熱狂的に迎えられた。

 主演の瑛太は「原作のファンの方から『おまえら、本当にワイルドなのか』という声もたまに聞きました。でも実際この映画は本当にかっこいいものになっていると思うし、原作を知らなくても充分に楽しめる作品になっています」と自信の表情で作品をアピールした。

 本作は、重い犯罪歴の持ち主たちの中から選ばれた7人の男たちが、罪を免除される代わりに超法規的警察組織「ワイルド7」のメンバーとなり、凶悪犯を退治する任務を遂行すべく死闘を繰り広げるアクション大作。主人公・飛葉大陸(ひばだいろく)役で、本作的なアクション映画の主演は今作が初となる瑛太は「北九州で撮影をしていたとき、ロケ先でトイレに入ったら清掃員のおばさまから『瑛太くん、(主人公の)飛葉になっているよ』と言われたんです。以来、その方のおかげで胸をはって飛葉を演じようと改めてスタートを切ることができました」と撮影当時を振り返った。

 また、この日は今年の漢字に選ばれた「絆」をテーマに、登壇者が語ることになり、瑛太は「自分自身、人とのつながりが生きていく力になった。この先も、日本中のみんなで力を合わせて、つながって前進していけたら」と真摯(しんし)な表情で語った。

 そして、主人公の飛葉がひかれていく謎めいた女・ユキを演じた深田は、この日黒のシックなパンツスーツ姿で登壇し、「かわいい!」と声援を浴びていた。そして「これまで、アクション映画は男性のためにあると思っていたけど、この映画に関わって気持ちが変わりました。本当にすごく感動しまして、この『ワイルド7』メンバーのファンになりました」と本映画に出演してアクション映画に開眼したことを笑顔で語っていた。

 『ワイルド7』は1969年から1979年まで「週刊少年キング」で連載され、テレビドラマ化もされた望月三起也の同名漫画を、映画『海猿』シリーズの羽住英一郎監督がメガホンを取って映画化した作品。(古河優)

映画『ワイルド7』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 21日
  5. 『ワイルド7』初日を迎えた瑛太、トイレのおばさんから自信もらった!?深田恭子はアクション映画に開眼!