シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

村上春樹がCMナレーションを初執筆!是枝裕和が演出&仲間由紀恵がナレーションを担当したスペシャルCM!

村上春樹がCMナレーションを初執筆!是枝裕和が演出&仲間由紀恵がナレーションを担当したスペシャルCM!
村上春樹の美文を仲間由紀恵が読み上げます! - サッポロビール「走ることについて語ること」CM

 村上春樹がナレーション原稿を執筆したサッポロビールのテレビCMが、2012年1月2日、3日の箱根駅伝限定で全国放映される。映画『誰も知らない』の是枝裕和が企画・演出を務め、仲間由紀恵がナレーションを担当するという豪華なCMだ。

 今回のCMは、東日本大震災を経験した今も前に向かって進み続けている日本人に向けてエールを送るために制作されたサッポロビールの企業広告で、「走ること」がテーマ。この趣旨に賛同した村上は、自著「走ることについて語るときに僕の語ること」に収録されている文章を、今回のCMのために書き直した。村上がテレビCMのナレーションを手掛けるのは初めてであり、執筆料は本人の意向により、日本赤十字社を通じて被災地へ全額寄付される。

 それだけでも十分豪華だが、今回のCMには、同じく趣旨に賛同した映画監督の是枝、そして女優の仲間も参加。是枝が企画・演出したCMで、仲間が村上の書いたナレーションを読み上げるという、ほかでは決して実現しないであろう豪華なコラボとなっている。

 同CMは、1話60秒の全4話構成。陸上部の練習風景、幼稚園の運動会、フルマラソンのゴールの瞬間、高校生の日課のランニング……同じ走る姿をとらえていても、それぞれが放っているのは、まったく違う印象。晴れの舞台だけでなく、練習風景といった舞台裏や、日常のワンシーンが含まれていることの意味など、観る人はそれぞれがそれぞれのメッセージをこのCMから読み取るはずだ。

 箱根駅伝でしか放送されないのがもったいないと思えるほど、綿密に作り込まれた今回のテレビCM。新たな年の始まりに、多くの人の目に触れることで、込められたメッセージは、たすきのように人々の間に広がっていくに違いない。(編集部・福田麗)

サッポロビール「走ることについて語ること」CMは1月2日、3日に全国放映


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 26日
  5. 村上春樹がCMナレーションを初執筆!是枝裕和が演出&仲間由紀恵がナレーションを担当したスペシャルCM!