シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

吉永小百合、「泣きそう」“教え子”たちとマイナス11度の日本最北の地で主演映画クライマックスシーンを撮影

吉永小百合、「泣きそう」“教え子”たちとマイナス11度の日本最北の地で主演映画クライマックスシーンを撮影
礼文島での撮影に臨んだ吉永小百合、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平

 女優・吉永小百合が、1月12日と13日の2日間、日本最北の離島、礼文島にて、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平と共に映画『北のカナリアたち』のクライマックスシーンの撮影を行った。「俳優をやっていなかったらこんなすてきな教え子たちに出会えなかった」と語った吉永は「昨晩、合唱の練習があって指揮をするわたしを六人が真っ直ぐ見てくれた。もうそれだけで胸がいっぱいになって泣きそうになりました」と感無量の撮影だったことを振り返った。

 この日は、マイナス11度で強風が吹き荒れる過酷な環境の中、本作の撮影のために礼文島に建設されたロケセット岬小学校分校にて、ある事件がきっかけで、バラバラになった先生とその教え子六人が20年ぶりに再会するという本作のクライマックスシーンの撮影が行われた。

 その後、行われた取材会では、吉永が「昨晩、合唱の練習があって指揮をするわたしを6人がまっすぐ見てくれた。もうそれだけで胸がいっぱいになって泣きそうになりました」とコメント。そのシーンまで吉永の目を見ずに芝居をしてほしいと言われていたという宮崎も、「昨日、歌の練習で先生の目を見られたんですが、涙が出るくらい幸せでした」と語った。

 そのほか、日本最北の離島での撮影について、口々に語った出演者たち。映画『告白』の湊かなえの短編小説を、映画『大鹿村騒動記』の阪本順治監督が映画化した本作。吉永演じる教師と、森山、満島、勝地、宮崎、小池、松田が演じる奇跡のような美しい歌声を持っていたかつての生徒たち。20年前、岬小学校分校で何が起こったのか? 名役者たちがそろった本作に期待が高まる。(編集部・島村幸恵)

映画『北のカナリアたち』は2012年秋以降全国公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 17日
  5. 吉永小百合、「泣きそう」“教え子”たちとマイナス11度の日本最北の地で主演映画クライマックスシーンを撮影