シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アカデミー賞授賞式会場がコダック・シアターからノキア・シアターへ?【第84回アカデミー賞】

アカデミー賞授賞式会場がコダック・シアターからノキア・シアターへ?
ダウンタウンのノキア・シアター - Stephen Shugerman / Getty Images

 アカデミー本部は現時点では否定しているものの、アカデミー賞授賞式の会場が2年後には現在のコダック・シアターからダウンタウン・ロサンゼルスにある新設ノキア・シアターに移るかもしれない。

 このたびロサンゼルス・タイムス紙が報じたところによるとノキア・シアターのオーナーにあたるAEG社(故マイケル・ジャクソンの世界ツアーのプロモーターでもあった巨大エンターテインメント会社)の運営に近い社員が匿名で漏らした情報によると、今年でコダック・シアターで開催されるアカデミー賞授賞式が10年目を迎えるということで、これを期にアカデミー側がコダック・シアターのオーナーであるCIM社に劇場リース費用契約の見直しを(=費用引き下げ)を要請する運びとなりそうだというのである。

 3,500席を持つコダック・シアターは、建設が決まった当初からアカデミー賞授賞式用にすべての規定を満たして作られたアカデミーによるアカデミーのための劇場で、2002年のテレビ放映分からアカデミー賞授賞式のホーム的存在となっている。だが、それと同時にコダック・シアターは音響効果がいまひとつであること、劇場とレッドカーペットを結ぶルビー色の階段が急でドレスにハイヒールを履いたセレブたちにとって危険であることなどなど満点ではない部分もある。

 一方、7,100席を誇るノキア・シアターは劇場へのアクセスも良く、アカデミー側にコダック・シアターにはないスペース的なゆとりを提供することができる。またノキア・シアターに隣接してJW マリオット・ホテル、リッツカールトン・ホテルがあることから授賞式後のパーティー会場のチョイスが広がり、場所的にも簡単なアクセスが魅力である。

 だが、コダック・シアターで長年アカデミー賞を担当して来たビル・コンドン氏によると「わたしはコダック・シアターは音響的にも何も問題は感じず、劇場の大きさも小じんまりしているだけにファミリー的な親近感を感じつつ授賞式が行える。テレビカメラも動きやすいし問題はない」と語る。ハリウッド商工組合もこのうわさに対して敏感になっており、「アカデミー賞はハリウッドしか似合わない!」と早くも気炎を上げている。果たしてこのうわさの行き着く先はどこになるのか。(文・ロス取材: 明美・トスト/Akemi Tosto)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 19日
  5. アカデミー賞授賞式会場がコダック・シアターからノキア・シアターへ?