シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

異才デヴィッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ、『ドラゴン・タトゥーの女』創作の裏側を語る!

異才デヴィッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ、『ドラゴン・タトゥーの女』創作の裏側を語る!
ルーニー・マーラとデヴィッド・フィンチャー監督

 31日、映画『ドラゴン・タトゥーの女』の来日記者会見が東京ミッドタウンで行われ、デヴィッド・フィンチャー監督と主演女優のルーニー・マーラが出席した。冗舌なフィンチャー監督に内気で言葉少ななルーニーという対照的な様子で、キャラクター造形や作品の世界観、そして主演俳優ダニエル・クレイグについて語った。

 本作でヒロインに抜てきされ、見事アカデミー賞主演女優賞の候補となったルーニーは、リスベット役について、「監督や衣装ディレクター、メイクの方からプロデューサーまで、原作を参考にみんなで相談をして決めていきました」とコメント。

 全世界で6,500万部を売り上げたベストセラー小説を原作とする本作だが、フィンチャー監督は「原作を読み、感じたことを忠実に描きました。クリエイトしたというより、解釈したという感じです」と語り、ルーニー同様、原作を独自の感性、スタッフとの共同作業により映像化したと明かした。

 そして主演のダニエル・クレイグについてフィンチャー監督は、「男らしさ、女性と友情を築くために必要な上手な聞き手であること、ウイットに富んでいること。この三つを兼ね備えているのは彼しかいなかった」と絶賛。ルーニーも「共演はとてもアメージングな体験で、素晴らしい方でした」と監督に同調した。

 また、フィンチャー監督の前作『ソーシャル・ネットワーク』では100回近く撮り直したシーンがあったといい、前作にも出演していたルーニーは「監督は多くのテイクを重ねる方で、それが当たり前だと思っているので、特に回数を数えたりはしませんでした」と返答。芯の強さと女優魂を感じさせたが、すかさず監督が「でも54回撮ったところがあったよ」とフォローを入れ、会場の笑いを取っていた。(取材・文:長谷川亮)

映画『ドラゴン・タトゥーの女』は2月10日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ドラゴンタトゥの女 ルーニー・マーラ ソーシャル from たさいの多彩な日記 (2012年2月12日 1時18分)
    ドラゴンタトゥの女を演じたルーニー・マーラはソーシャル・ネットワークで主人公を冒頭にふる元カノ役とは誰が想像出来ようか?ドラゴンタトゥの女観てきました。ドラゴンタトゥの女は冒頭オープニングの移民の歌が流れる中、メタリックグレー?なドロドロ液体のシーンが一番よかった(笑)あれもルーニー・マーラやっているのだろうか?珍しくドラゴンタトゥの女原作小説読んでいたので、フィンチャー監督がどう料理するのか楽しみでしたが、原作を忠実に全部描こうとして盛り込みすぎて凡作になってしまったと言ったら手厳しいでしょうかwもっとヴ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 31日
  5. 異才デヴィッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ、『ドラゴン・タトゥーの女』創作の裏側を語る!