シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハイパーメディアフリーター!新宿の映画館でバイト中の黒田勇樹と、いしだ壱成が「ひとつ屋根の下2」以来14年ぶりの共演!

ハイパーメディアフリーター!新宿の映画館でバイト中の黒田勇樹と、いしだ壱成が「ひとつ屋根の下2」以来14年ぶりの共演!
14年ぶりに再会した、おふたりです!!

 いしだ壱成が中国で俳優デビューを果たしたテレビドラマ「恕(じょ)の人 -孔子伝- 」、DVDリリース記念として制作された、元俳優で現在はハイパーメディアフリーターとして活動している黒田勇樹といしだが共演のWEB配信ミニドラマ「教えて!顔回先生」の配信が始まった。

 ミニドラマでは、いしだが、「恕(じょ)の人-孔子伝-」で演じた、孔子の愛弟子・顔回に扮し、黒田が演じる“悩める人”に向けて、孔子の教えを説くというもの。黒田は、悩めるOLや男子学生、とさまざまなキャラクターを演じて、見事な変身ぶりを披露し、ユーモラスなミニドラマに仕上がっている。

 実は本作、かつて大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」(フジテレビ)で共演したいしだと黒田にとって、約14年ぶりの共演。ツイッターを通じて再会を果たし、黒田は今回のオファーがきたとき「いしださんとまた共演できるなら!」と二つ返事でOKしたそう。「あの頃ぼくはまだ15歳だったんですが、いしださんにはよく遊びに連れて行ってもらったのを覚えてます! どんな遊びかは、ここじゃとても言えません(笑)」と当時を振り返った。
  
 久しぶりに会ったときの印象をいしだに聞くと、「雑誌ananさんの“美少年特集”とかで初めて会ったときは、まだ本当に若くてかわいらしかったんですが、再会した黒田くんは骨太な感じで男っぽくなっていてびっくりしました」とコメント。「ひとつ屋根の下2」では、女の子のふりをする役柄を演じた黒田が見せる14年ぶりの“OL”女装は、キラキラした瞳が魅力的。だが、その一方で、青々としたヒゲに吹き出すのを必死にこらえるスタッフの姿も目立った。

 ミニドラマでは台詞はほとんど決まっておらず、いしだと黒田がシュールなアドリブ劇を披露している。芝居をすることが楽しくて仕方がないという様子で、楽しそうに収録をする姿が印象的だった。現在、いしだは精力的に舞台に挑戦する日々を送り、黒田は俳優業をやめ、ハイパー新宿のバルト9でポップコーンを売っているそう。寝る暇もないほど多忙な時期を経て、現在に至った二人の役者は、いま、心から人生を楽しんでいるように見えた。(編集部:森田真帆)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 26日
  5. ハイパーメディアフリーター!新宿の映画館でバイト中の黒田勇樹と、いしだ壱成が「ひとつ屋根の下2」以来14年ぶりの共演!